タグ:日本リサイタル ( 6 ) タグの人気記事

2008年”郷土の響き”リサイタルを終えて

8月23日(土)に南大沢文化会館で、リサイタルをさせていただきました。
昨日は雨にもかかわらずたくさんの方に来ていただいて本当にありがとうございました。
おかげさまでホールも、椅子が足りなくなるほど満員になり嬉しかったです。

本番一週間くらい前には、なんでこんなに大変なプログラムにしたんだろう
と今回ばかりは自分で自分がアホだと思いましたが、(それに気づくのが遅すぎ^^;)
来て下さるお客様にそんなことは関係ないので頑張って間に合わせました。

前半ブラームスとシューマンは練習のときより上手くいったと自負しております。
特にブラームスのop.119は、4曲の特徴を出すことに集中でき、
緊張しがちな最初の1曲目にもかかわらず、わりと理性的に
音を聴きながら弾けたことが今回何より嬉しいです。
シューマンは六月から始めた一番新しい曲で、間に合うかどうか危うかったのですが
ブラームスで上手くいったことが安心感となり
落ち着いて最後まで弾けました。

ショパンは私にとって得意な作曲家に入るのですが、
やはり曲が大曲であったため、もっともっと弾き込み、
熟成していかなければいけないと感じました。
本番は気持ちもハイになるので勢いのいいフィナーレであったとは思いますが
改善すべきところは多々あり、この曲は本当に奥が深海のように深い名曲ですね。

アンコールはショパンのノクターン遺作 嬰ハ短調でした。
戦場のピアニストでもとても有名になりました。

非常にヘヴィーなプログラムでしたが、全体的には満足のいくものであり
今はルンルン♪となりたいところですが
ドイツ語を勉強しなきゃいけないという脅迫観念に常に心を曇らせています(TT)

1週間後に新潟でも弾かせていただきますが、
そのときにはまた今回学んだことを生かせていければと思います。
e0020941_23433286.jpg

[PR]
by studioacanthus | 2008-08-24 21:49 | コンサート関係

2007年 リサイタルを終えて

リサイタルについて書くと言いながらほんとは書くことないんです:-P

モーツァルトは大分慣れてきた曲ですが、
やはりリサイタルの一番最初に弾く曲なのでそれなりに緊張しました。
会場の冷房を最低温に設定してもらったためか
寒くて手が冷たくカチンコチンになってしまいあまりうまく動かなかったと思います。
2曲目のラフマニノフは。。。オーーコワーイという感じでした。
前回のシューマンの謝肉祭や今回のラフマニノフのコレルリのように、
小曲が集まっているのは、私にはどうも弾きにくく難しくて、
もっと弾きこんで練習していかなきゃいけない形態です。

休憩を挟んでの第2部はオールショパン。
緊張も程よくなってきて初めて本番に出すエチュードも落ち着いて弾けました。
2番はペダルを少なめにはしたものの、やはり細い
絹糸のような緊張を最初から最後まで繋いでいくのは難しいです。
25-6番はすごく速かったけど歌えたし今までの中で一番うまく弾けました!

曲目解説が思ったより人気でたくさんの方から
お褒めの言葉をいただきありがとうございました。
小さいお子さんも来られると思い
どんな方にもわかりやすいように、ということを心がけて書きました。
アンコールはスカルラッティを弾こうと思っていたんですが
おば様たちへのお礼と思って一週間前に急遽変更しました。
「涙が出ました」と言う感想をたくさんいただけてとても嬉しいです!!

コンサートが終わって、「さぁこの、うっとおしい髪の毛を
ようやく切れる!」と思い、さっそく切って来ました^^
軽くなって嬉しい^^
e0020941_10533078.jpg

[PR]
by studioacanthus | 2007-07-27 20:55 | コンサート関係

7月21日のリサイタルのお礼

e0020941_11574585.jpg7月21日(土)に南大沢文化会館で、リサイタルをさせていただきました。昨日はたくさんの方に来ていただいて本当にありがとうございました。おかげさまでホールも満員になり嬉しかったです。お客様も大変静かで、弾いていて気持ちよくさすが日本だと思いました。
楽しめるプログラムだったかなと思います。特にアンコールの曲が大好評で、涙が出たとおっしゃってくださる方もいて弾いてよかったです^^

プレゼントをたくさん頂いたのですが、
LAURA ASHLEY の紅茶セット
Patisserie Citron の焼き菓子
この2つに、お名前が書かれてなかったので誰から頂いたのかわからなくなってしまいました。
お心あたりのある方、どうか御連絡ください。
よろしくお願いします。

落ち着いたらまた、コンサートのことについて書きます。
本当にありがとうございました。

[PR]
by studioacanthus | 2007-07-22 12:08 | コンサート関係

7月28日 ありがとうございました。   仁美、友理リサイタル

e0020941_233926.jpg
e0020941_1111022.jpg
蒸し暑い日が続いています。
いまさらですが、仁美ちゃん、友理のコンサートにたくさんおいでいただき
ありがとうございます。チケット売り出し期間一ヶ月だったので集客を心配していましたが
あんなに多くのお客様がいらしてくださり、本当に感謝しています。
コンサート後もたくさんのお褒めの言葉や励ましのお言葉をいただき二人とも
やって良かったと言っています。『たとえお客さんが空っぽになってもやりたい』
と言う強い仁美ちゃんの言葉に押され急遽企画しました。

常日頃、私は”何でも経験”と言っているのですが、弾いた本人達、
聴きにきてくださった方々、双方が日常と違うひと時を味わってもらえ、
同じ空間を共有できお互いが刺激しあえたことを私も嬉しく思います。

今年はシューマン没後150年です。1810年に生まれ1856年46歳で亡くなりました。
しかし今年2006年はモーツァルト生誕250年に押されて
シューマンが日の目を見ていない感じです。
私自身がシューマンが大好きでしたので2人にシューマンの課題を与えてみましたが
いざ弾かせてみると・・・後悔、、、やはり難しいです。

しかし、あの年齢で感じるシューマンを弾けば良いし、
後年、またシューマンを弾いた時に若い時に感じたものとの違いが
すこし解ればよいかと思いました。

シューマンが作曲した年頃と彼女たちはあまり歳の差がないので
(幻想風アベッグ変奏曲が19歳~20歳。謝肉祭が24歳)
少しでも天才シューマンに興味を持ってもらえたら・・・

また聴きに来てくださった方々にも同じ思いをもっていました。
そしたら思惑通り、ちゃんと興味を持って下さいました!

先日さっそく生徒さんがキーシンのCDも持ってきてくれたので
私は昔聴いたミケランジェリの謝肉祭と例の聴き比べをしました。
一言で印象を言うとミケランジェリは品があり優しいけれど
強く染み入る演奏で後に残ります。
キーシンは溌剌とした圧倒的な現代風な、『どうだ、参ったか!』 
と心にグサッと刺さる演奏です。

どちらもとっても素晴らしいですが私の好みはミケランジェリでした^^
でも勉強で聴くならキーシンですね。
キーシンは近づける人ですがミケランジェリは近づけない人でした。
[PR]
by studioacanthus | 2006-07-28 20:11 | コンサート関係

7月23日 コンサートを終えて         左藤仁美

こんにちは。佐藤仁美です!!
私の今回の目標は楽しむことでした。
でもやっぱりあの緊張の中で楽しむのは難しい!!
1・2曲目のバッハ、ラフマニノフは緊張に負けない様必死で、
楽しむ余裕なくいってしまいました…。
しかし、3曲目のシューマンでは大分緊張に慣れてきて、音をよく聴くことが出来たし
とても気持ち良く弾くことが出来ました。
これはつまり、楽しんで弾けたということなんではないでしょうか…!!

この1ヶ月の間、私はいろいろなことに悩み、
ピアノが今までに無い程嫌いになったりしましたが、
本番1週間くらい前で急に自分はピアノが大好きだったんだと気付きました。
そんな中で今回のコンサートを向かえることができて…
楽しむという目標をもてて本当に良かったと思います。
お気に入りのドレスを着て、舞台でライトを浴びて、気持よく弾けて…
私は本当に幸せ者です。

渡辺先生をはじめ、家族、友達、そして一緒にやってくれた友理ちゃん!!
本当にありがとうございました。私一人じゃ絶対にここまで来れませんでした。
そして、当日聴きに来て下さった方々、本当に本当にありがとうございました。
[PR]
by studioacanthus | 2006-07-23 13:52 | コンサート関係

2006年7月23日 コンサートを終えて         

e0020941_11291531.jpgデジカメが壊れてしまってこんな寂しい写真しかなくって・・・(;。;)
こんにちは。渡辺友理です。
昨日はたくさんの方に来ていただいて本当にありがとうございました!
500人のホールだったので、お客さん来て頂けないかなと思っていたのですが、
300人近くも来てくださって嬉しかったです。

始まる前、さっそくハプニング。
リハの時に母に『本番用のこの靴、楽屋に置いておいて。』
と言ったのに楽屋に靴が無い!
開演5分前のことで焦りました。
母と二人、バタバタとお客様のいる客席を探し回り、
『あなた、もう弾くんじゃないの?』
と声をかけられたり、じろじろ見られたり・・
やっと見つかり、慌てて楽屋に。

久しぶりの大きな本番で緊張しながら待つこと40分。

舞台にあがりました。
あぁ!目がくらむ!(ひーちゃんから聞いてたんだけど)
前に弾いたひーちゃんのドレスのラメが椅子の上でギラギラ!(笑)
座れば見えなくなって何の問題も無いんですけど^^
私のドレスのラメも重ね塗りでホールへの置き土産になったかな^^

終演後、友達から。
『2曲目さぁ、終わったと思ったらまた始まり、また終わったと思ったら始まる。
しかも、うとうとしだしたらお前のデカイ音で目が覚める!』
『難しすぎて何がなんだかわかんない。』
『お前もうちょっとおとなしい曲弾けなかったの??』
『50分なんて感じなかった!』
これは本当に嬉しい言葉。

母と話しました。
『ソナタなら1,2,3楽章って分かれてて後どれくらいか見当がつくけど、
謝肉祭はわからないからね。
弾くほうも30分ずっと休めないからかなりキツイけど
知らない人にとってはいつ終わるのか、先の見えない
恐怖を感じさせてもっとキツイ曲だよね。。。
ずっと続いて終わらなかったらどうしようって思うかもよ。』

ちなみにアンコールの曲は、リストの12の超絶技巧エチュードより10番でした。
フランス料理のフルコースのあとにステーキを食べさせられたような
選曲で失礼しました^^;ゲップが出たらごめんなさい^^
ありがとうございました。

[PR]
by studioacanthus | 2006-07-23 11:31 | コンサート関係