タグ:新潟 ( 4 ) タグの人気記事

雪の音

先日冬の新潟の雪景色を楽しみに行ってまいりました。

『トンネルを抜けるとそこは長岡駅だった』では話にならないので
新幹線の中、雪景色の写真を撮ろうと寝ずに構えて撮った一番マシな写真がこれ。
がっくり・・・
e0020941_1842138.jpg
夫に『雪の写真頑張って撮ってくるからねー』と言ったら
『そんなに上手く撮れんぞ、雪の中に置いた卵の質感を出すのが
一番難しいと言われるくらいだから雪はそうそう簡単には撮れん』
それにしても卵や雪の質感どころのレベルではないただの写真。。。

長岡駅近くになると新幹線の中でも雪が窓にぶつかる音がしていたので
やっぱり雪国の雪の強さを感じました。

道中、雪の音ばかりに神経が行って聞いていたせいか
レッスンでも音質について細かく気になりました。

晴れ、曇り、雨、風、雪、霙(みぞれ)、雹(ひょう)
新潟に住んでいると東京よりずっと想像豊かになりますね。

雪が降る前ってなぜか恐ろしいほど静か。

そして今日の雪は音を立てながら勢い良く舞っている。

雪と風が混じった刺されるような音が痛く感じる。

雪解けの水がポトンポトンと滴る音が乾いた心に染み入る。

東京ではたまにしか雪が降らないのでつい家の中にこもりますが
雪国ではなんであろうと生活しなくてはいけないので
子供たちは雪の音を身体で知っているはず。

私自身たかだか2日で聞こえたわけですから、
新潟の子達は自然環境に恵まれています。

そういえば・・・ピアノや勉強
何でもかんでも大きくなればできるようになるのではなく
逆に大きくなればなるほどできなくなるものが沢山あります。

たとえば音量、子供は身体が小さいので成人より劣っていて当然。
(正しいタッチを習得していれば)
でも音質を感じる心は小学生も成人も同じ。どころか子供のほうが勝っています。
時々『今歌わない子でも大きくなると歌うようになりますよ。』っておっしゃる先生は若い。
何歳であろうと歌う子は歌えますね。
持って生まれた資質以上に環境で変わるものなんです。
ヒントを沢山与えてあげると子供はどんどん伸びますね。
(答えを与えちゃダメですよ。)

その辺のことを指導者は分かっていないといけないだろうなと帰りの新幹線で
また寝ずにぼんやり自戒しつつ考えてました。

今日は久しぶりにすこぶるまじめなブログだわ!

今年初めてのお食事ということで昭和の始めに建てられた古民家の家を料亭にした
素晴らしい処でお食事を堪能してきました。^^桜亭台町茶寮ってところ
e0020941_185660.jpg
入ると胡蝶蘭がお出迎え
e0020941_1853296.jpg
お着物と枯れ木の装飾
e0020941_1855675.jpg
レンコンが立ってる!
[PR]
by studioacanthus | 2009-01-26 18:19 | 音楽

食い倒れ紀行=新潟編=

こんなタイトルで書いたらふざけちゃいますが
レッスンが押してきたり、おいしい食事を求めて遠くに行ったり
大急ぎでたくさん頂いたりしているうちにだんだん消化不良。。。

日本海に沈む夕日を観るために1時間近くかけて車でドライブ、
『海に沈む夕日はどこ?どこ?』
『本日は曇っていますのであいにく見ることができませんで・・・』とお店の人。
確かに曇っていて観れないことはわかっていたんですけどね(^^;)

私は小さい頃から食事を残さずに食べるようにと躾けられているせいか
『もうお腹いっぱい、もう食べられない。』
と言いながらもなぜか食べられるんです。
私のお腹はいったいどうなっているのかしら??

ところで『久保田』という日本酒をご存知でしょうか。
朝日酒造というところで造られている日本酒なんですが
以前 『久保田万寿』という高級なお酒を頂きました。

『お父さん、家族のために万寿まで元気でね^^v』

今回は1年に1度しか造れないという
3年熟成の2008年物の季節のお酒を頂きました。
e0020941_22461944.jpg

『大事な奥様を私たちが取り上げて申し訳ありませんもの・・・』
『うちのお父さんは、お母さんいなくても大丈夫よ。なんせ主夫だもの。』
みなさんが週末お父さんを放ったらかして新潟に来ているのではと
夫にまで気を遣ってくださいます。
本当にありがたいことです。

しかしそんなに私の身体は夫にとって大事なのだろうか・・
気になりだしたので確認したら
『ふ~ん、そんなに気を遣ってくれるなんてなんか悪いなあ。
 お母さんが元気だったらいつでも貸し出し自由やのに・・・』 だと。
[PR]
by studioacanthus | 2008-07-01 22:47

再び新潟へ

さてさて、今回もおいしい物めがけて新潟へまっしぐら。
って言うのはもちろん冗談^^です。

なんともひ弱な身体が耐えられる範囲でがんばってきました。
前回のブログで湯沢越後の風景、チューリップ、お料理など、いつになったら
レッスンのことが出てくるのかと思ったら最後にちょこん、でしたね・・・
と言われましたので^^今回は始めから撮ってくださった写真をどんとどうぞ。
e0020941_200337.jpg


ちょいとピンボケですが初回のときは緊張して固かった顔がこんな笑顔に^^
e0020941_2013655.jpg


何かの解釈か、気になるところの相談をしていたときかな。。
e0020941_202383.jpg

驚くことにみなさん1ヶ月の間にうまくなっていました。
質がよくなっていたんです。うれしいことです。
上達とは、質が上がれば上がるほど他人には見えにくくて
自分しか判らないものだと私は思います。
上達が人にわかってもらえるレヴェルと言うのはまだ成長途上にある事なんですが、
それにしても彼女たちは今回かなり上達が見えていたので
ずいぶんがんばったんだろうと思います。
モチベーションを上げられたらそれが実力となるように伸ばしていって欲しいです。
それにはやっぱり『意味のある継続』という、
簡単そうで難しいものを目指して欲しいです。
生きることって『生を継続していること』なんですもんね。できれば有意義に。

これから先はどうでもいいことなのでお暇な方だけどうぞ。
今回も日本海の活きの良い海の幸を堪能していたところ、
『おいしいお味噌汁だわ、海老の出汁がよくきいて・・・』と
ポロリと自分の口から出た言葉にギョ!!
”おや?まさか甘海老ではなかろうか??
味噌汁をかき混ぜると・・・
にょきっと甘エビくんの頭が出てくるではありませんか!
私は数年前から甘海老のアレルギーで食べると3時間後くらいに鳥肌が立つほど
胃に激痛が走り、おなかを抱えて苦しむのです。
3時間くらい苦しんだ後、けろりと治るのですが、忘れもしない過去4回の胃痛。。

”どうしよう、、恐怖だぁ、、明日もあるのに、夜痛くて寝れなかったら・・・・

ホテルに帰ってさっそく夫に電話
『知らずに甘海老の味噌汁を二口飲んだよ、痛くなるかなあ、怖いよぉ』
『甘海老の出汁だけなら大丈夫なんじゃないの、
たんぱく質をとったわけではないんだから。』
まさしくウソかホントかわからないことを言われたけど
とりあえず、甘海老のたんぱく質を食べてないということで気持ちは落ち着きました。
痛くなる前に寝てしまわなくては、と思いすぐベッドに。

翌日、何事も無く朝を迎えることができよかったです。

でも新潟ってお米、お酒、海の幸、もち豚、おそば、まだあるかな?
食についてはずいぶん贅沢な地域なんですね。
[PR]
by studioacanthus | 2008-06-04 20:13 | 音楽

新潟へ行ってきました

新幹線でのうたた寝から目を覚ましてすぐ、トンネルを出て窓から外を眺めると
「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」まさか?やっぱり?
友理に最近イタリアの授業で使うための本をどさどさと送っているのですが
ふと、その中の一冊川端康成の小説「雪国」のフレーズがよぎりました。
もしかしてここなんだ、と慌ててシャッターを切りました。
e0020941_1147222.jpg
あとで伺ったところあの「雪国」のフレーズの場所はやっぱり越後湯沢なんだそうです。
この時期にまだ雪が残っているのだから冬景色はどう化粧するか・・・楽しみです。

前々からいつかは行かなくちゃ、と思っていた新潟行き、
今回、上越新幹線「Maxとき」に乗って目的を果たしてきました。
e0020941_11483858.jpg
国営越後丘陵公園のチューリップは晴天にも恵まれ、
色鮮やかでまぶしかった。久しぶりにすがすがしい気持ちになりました。
相変わらずの強行軍だったため自分の身体の疲れを心配していましたが
なんのその、大変楽しく旅してきました。人がいないでしょ^^
e0020941_11494585.jpg


名物郷土料理の何とかのおそば。こしのある、讃岐うどんのおそばバージョンでした。
e0020941_1151428.jpg


にしんと太いぜんまい
この豚の角煮みたいのは名物の麩だそうです。大きな車輪型の麩の一部だとか。
e0020941_11552948.jpg

おいしい天ぷらもいただいたのにお店の名前がわかりません。。
全体にどのお料理も塩味が薄く関西風で出汁がきいていてうす味の私にぴったり。
季節柄、きいたこともない名前の山菜料理もたくさんいただきました。
地魚のお寿司さんは東京では滅多に味わうことのできない新鮮なネタのおいしさでした。
私の腕くらいの地の蛸の足はふっくら柔らかい、
ホタルイカのみそも濃厚、もちろん生のトロはとろける・・・
お寿司大好き友理ちゃん、読みながらよだれをたらしていませんか^^

いただいたお料理、写真を撮ることなどとんと思い浮かばず、一気に口の中へ^^;
ふだん慢性胃炎だと吹いて歩いていたのに胃炎はどこかへ吹っ飛び毎度超満腹。。
本当におごちそうさまでした。ありがとうございます。

おっとっと、
お料理の話でおしまいになりそう・・・目的はマスタークラスでした。
とっても素直な生徒さんたちとお母様方、聴講された先生方、
長い時間、お疲れ様でした。
私のピアノを聴いて涙してくださるなんて・・・こちらが涙です。
レッスンを喜んでくださり次回も即日予約でいっぱいだとかで私も本当にうれしいです。
また来月参りますからお楽しみに。
[PR]
by studioacanthus | 2008-05-02 12:01