タグ:四方山話 ( 14 ) タグの人気記事

人類存続のためには


e0020941_22545886.jpg
イタリアの竹はかなり細いそうです。
先日のイタリア中部地震後、生徒さんやお友達から
『友理ちゃん大丈夫だよね。』と問い合わせを頂きました。
直接友理にメールを送ってくれた友達もちらほら。
気にかけてくださってありがとうございます。

私も携帯に、一応生存確認を入れたら
『何の用事?今、授業中なんだけど。』
とそっけない応答で地震のことを詳しくは知らないようでした。
その後ニュースで多くの人が亡くなったことを話してきました。
天災は何時どこで出会うか分かりませんね。
他人事ではありません。

ところで、あっという間に世間の話題として出てきて消え去りましたが
テポドン騒ぎの際、夫のある会話を思い出しました。

何時だったか忘れましたが新聞を見て夫が
『エジプトで17歳の女の子が爆死している。かわいそうに・・・』

『確かにお年寄りが亡くなるよりは
 残り人生の長い、若い子が亡くなるほうが可哀そうだけどね、
 お父さんはいつも若い女の子が亡くなったとき可哀そうと言ってる。
 若い男の子のときは言わないね。
 女の子が亡くなったときばかり可哀そうだと言ってるわ。』

夫『そりゃそうや。女の子と男の子とは違う。女の子のほうが可哀そうや。』

私『男も女も同じですっ』

夫『違う!たとえば、男と女がぞれぞれ100人いたとする。
  99人の男が死んでも1人生き残ったら人類は生き残る。
  でも、99人の女が死んで1人の女しか生き残れなかったら人類は滅びる。』

なるほど・・・だから、一夫多妻があるのね。
お父さん、銀婚式過ぎても相変わらず冴えていますわぁ。
[PR]
by studioacanthus | 2009-04-09 22:58 | 日常

お正月の川柳

お正月はいかがお過ごしだったでしょうか。
東京は抜けるような晴天に恵まれよかったですね。

うちでは人生ゲームを祖母も交えてやりました。
何十年ぶりかのゲームにはまり、久しぶりに大笑いしました。
ゲームの中で
私は教師・校長になり邸宅やら株券などで最後に大金持ちになりましたが
夫は早くに結婚し、子だくさん、サラリーマンで
約束手形を大量に持ってしまい、
最後には子供のおかげで返済するという身につまされるような結果でした。
現実にならなければ良いが・・・アハハハハ!

ところで去年の暮れに書いた「川柳」好評でしたので
またしつこく探しました。
お正月の初笑いにはちょっと出遅れましたが
なにか響くものがあるでしょうか。

ドットコム どこが混むのと 聞く上司

恋仇 譲れば良かった 今の妻

デジカメの エサはなんだと 孫に聞く

まだ寝てる 帰ってみれば もう寝てる

国民に しわ寄せよりも 幸せを

続柄 あわてて「妻」を 「毒」と書き

部分痩せ したい所が 大部分

    ~日本経済新聞 サラリーマン川柳より~


女三人で爆笑していると
「川柳は自分で作らないと意味が無い」と夫がぶちぶち言いますので
湯船に浸かって考えましたよ。

脳年齢 三十若くて いと うれし

夫よ、どうだ!

実は正月にヤフーの脳年齢ゲームをしたところ
20歳後半とかの結果が出てきました。
何で私が娘と同じくらい幼い年齢なの!もっと高い数字が出てもいいのに!
と思ってどんどんやればやるほど20歳前半と幼くなる!なんで?
生徒に言ったら
「先生、それは年齢が低い方がいいんですよ。」
「え!?そうだ、そうだ^^;私、若いんだ^^アハ」

この思考が20歳の脳年齢だろうか???怪しいゲームだわ・・・

因みにこの自作川柳

脳年齢 三十若くて いと うれし

を夫に言ったら
「それは川柳とは言わんぞ!」

「じゃあ、なんなのよ」

「それはなー自画自賛って言うもんや!」
[PR]
by studioacanthus | 2009-01-08 23:17 | 日常

暮れの夫婦喧嘩

雪やシステム故障が続いた新幹線ですが
私は上手く事故にも引っかからずに定刻通り、新潟へ行って来れました。
今回もおいしいマグロをたっぷりいただいてきました。
ありがとうございます。

さて、くだらん話です。

ある日、夫が橋本周りの散歩から帰ってきたときのことです。
夫は週末たいてい散歩して必ず本屋によって帰ってきます。

いつもどおり
私「お茶飲むの、どうするの?」といつもの(強い?)口調で言ったら

夫「そうやって怖い言い方をする。どうせお茶を入れる行動をするなら
 女らしくやさしーく、『お茶でも入れましょか・・』、と言ったらどうや。それなら
 『うん、欲しい』と言えるけど『いるの、いらないのどっちや!』みたいに言われると
 『すんません、結構です。』と言うことになるやろが。
 その言い方は損やぞ、子供らに悪影響や!」

私「子供は外と内を使い分けてるから大丈夫よ、
 私だってお父さん以外の人様にはやさしーく言ってるから心配せんといて。」

夫「ああ、そうか、そうか。そうやってお母さんはよそ様にはやさしくして
 お父さんには冷たい。
 お母さんは釣った魚を 餓死 させるんやな!」

私「なぬ~~!なんやの、それ!すくすく病気一つせず生きてるでしょーが。
 言っときますけど、私はお父さんを釣っていないからね。
 釣ったのはお父さんでしょ! 覚えてんの!」

夫「・・・知らん。昔のことは忘れた。」

私「ほら、そうやって都合の悪いことはいっつも忘れる。」

結局、口論しながらお茶、入れましたよ。

でも最近・・・夫婦喧嘩が昔よりめっきり減りました。
多くの友達からも言われます。
「お宅、最近仲いいね。けんか減ったねえ。」

その原因は
喧嘩していることを忘れてしまう。
喧嘩するエネルギーがなくなってきている。

でしょうか。

そういえばずっと前に新聞で読んだ面白い川柳

” 妻の声 昔 ときめき 今 動悸 ”


これで今年も明るく終えられたかな。。

どうぞ、皆様、良い御年をお迎えください。
[PR]
by studioacanthus | 2008-12-29 21:27 | 美恵

ティータイムコンサート

友理とブログを分けたたものの、今まで2人で書いていた数を一人で書くとなると大変。
記事アップ数が半減するか倍のテンポで書くか、いずれにしろ別居してみて初めて判明。。
といって、日記のように生活をあからさまに書くのもあまりに幼い。
第一、私の日常を誰が知りたい・・・

トップページの日付変更は2人分を書きますので
美恵から経由して友理に行ってください。

(ブログだけをお気に入りに入れていて生徒連絡に気づかない生徒がいます。
たまにはトップページを確認して下さい。)

            ~~~~~~~~~~~~~~~

先日、20年来、いや30年来の友人のティータイムコンサートという物に行ってきました。
当日券が出るかどうか分からなかったのでだめなら駅前でお買い物をして帰ってこようと
ふらりと、おめかしして行ってきました。
ティータイムコンサートってどんな風にするのかなと好奇心満々で・・・
もしかして食べながら聴くの、って思ったりして^^;
いえいえ、食べながらというのではなく演奏を聴いた後ティーをいただくって感じでした。
当たり前ね^^;

7,8人で丸い大きなテーブルを囲み親しみやすい名曲を1時間ばかり聴いた後、
適当に周りの方と雑談しながらお茶をいただく。
考えただけでも紳士、ご婦人方がが集まりそうな会なので、
私も友理のリサイタルの時以上にめかしこんで、お上品にいただいてきました、つもり。

隣に座ってられる方も演奏者とお知り合いだそうで
なんと素敵な和服をお召しになり都内からいらっしゃっていました。

ティータイムのメニューは何とか賞を取ったパティシエのお菓子。
ある方「とっても、おいしゅうございますわねえ。」 
みなさま「ほんと、おほほほ・・・・」

本当においしくて普段なら3口であっという間になくなるだろうおいしさの物を
お上品に小さなお口でちびちびと味わいながら・・・・

お茶はオレンジティー

「このお茶も香りが良うございますわね、何のお茶かしら・・」

「お茶のおかわり いかがですか。」と係りの人がポットを持って回ってきた。

「このお茶は何のお紅茶ですの、とてもおいしゅうございますけど」

「ああ、これはふつうの紅茶にレモンじゃなくてオレンジを入れただけです。」とばっさり。

オレンジを入れただけ・・・

みなさま「まあ!”だけ”が妙に強調されますね。おほほほ・・・・」

でも、オレンジ入れただけで随分、雰囲気変わったので皆さんもお試しあれ~

帰ってその話をすると農薬飲んで来ただけじゃないのって。

いいのです。ひと時のプチセレブ??を味わって来れたのですから。
[PR]
by studioacanthus | 2008-11-24 23:32 | 音楽

「H&M」の思いこみ

どうぞお暇な方だけお読みください。

「H&M」というスウェーデンかどこかの国の若者向けのお店が
銀座に出店したのを若い方たちはご存知かと思います。

だいたい私がファッションのことを書くなんて何事かと思われるでしょう。
ファッションのことではありません。

何年か前、たしかミラノだったと思います。
ウィンドウの中は素敵なファッションをしたマネキン人形が並んでいるにもかかわらず
街ゆく淑女たちは決してその洋服を着ることはできないであろう・・・ふくよかなお姿。
ウィンドウの高級洋服はいったい誰が着るのだろうかと理想と現実をさまよい
ぶらぶら街を歩いていたら
赤字で「H&M」という大きな看板を出しているビルを見つけました。

「見て見て!H&Mって数学の先生の頭文字、春○道○のお店があるじゃん」と
友理が言い出した。
その数学の先生は娘二人がお世話になった先生で推定年齢○○歳でありながら
とても若々しく熱血漢、おまけにご自分のことを”みっくん”と言っていたので
H&Mと言えば、数学教師、みっくんのことを思い浮かべていた。

H&M=春○みっくん の公式が女三人には出来上がっていた。

お値段もお手ごろで、適当にかわいかったのでH&Mで娘たちの洋服を数枚購入した。

それから数年後・・・
”H&M日本上陸”の広告を見つけました。
「すごい!ついにみっくんが日本に上陸したね。」


そうそう夫にも
「H&M」という数学教師の頭文字のお店が銀座に出店したことを言わなくっちゃ。

と説明したら

「春○みっくんやないやんか。 ヒデオ(夫の名前) & ミエ  やろが!」

あっ!ほんま!

家族中、何年間も誰も気づかなかった。娘たちが感激した。思い込みって恐ろしい。

あほな話にお付き合いくださいまして申し訳ございません。
[PR]
by studioacanthus | 2008-11-14 21:49 | 美恵

果物の王様

クリスマスのプレゼントが伊勢丹から届きました。
普段あまり食物のことを書かないのですが今回はちょっとあることがありまして。

パッケージに
福岡 あまおう
熊本 マスクメロン
e0020941_16334758.jpg
おいしそうでしょ。
この『あまおう』というイチゴ、
かい」 「るい」 「おきい」 「まい」
から名づけられてるのを皆さん、知っていますか?
写真だとわかりづらいけど実だけで7~8cmはあるとっても大きなイチゴです。
イチゴの先端がラクダの瘤のようになっているのは人工授粉ですが
このイチゴのようにきれいに一山になっているのは
ミツバチの自然受粉だと長女が申しております。

問題になったのはもうひとつのメロン
パッケージにマスクメロンって書いてあったのに
『アールスメロン、食べごろ12月24日』のタグが付いていたんです。

『お父さん、大変!マスクメロンて書いてるのに中身はアールスメロンになってるわ。』
『最近食品偽装が多いからな、どこかの牛肉も産地が違っていたからなあ。
デパートは偽装しないだろうから出荷元が取り替えたのかもしれない』
『なら伊勢丹はそのことを知らないかもしれないので
明日デパートに電話して教えてあげなくっちゃ。』
”この間はなくした財布が出てきていいことがあったしー、
今度もお詫びにもう一個送ってきたりしてね、フフフ・・・^^”

でもその前に、ちょっとアールスメロンのことを調べとかなきゃと思いヤフーで検索したら
ありゃ??
『熊本のアールスメロンはマスクメロンの王様で、まぼろしの・・・・』
『へっ??静岡マスクでなくって?アールスメロンってマスクメロンの王様なの??』

電話しなくてよかった。。^^;

私 『おまおうはイチゴの王様でアールスメロンはメロンの王様だってよ』
夫 『そりゃ、イチゴの家来、メロンの家来なんて誰が書くんや!』
おっしゃるとおり。。。
[PR]
by studioacanthus | 2007-12-23 16:39 | 美恵

ものは考えよう??

私の生徒さんには私が台所でお茶碗を洗う姿、家事をしている様子を想像できないと
言われる生徒さんがいらっしゃいます。
かといえば、「あなた、ほんとにピアノ弾くの?」と言われることもあります。
こちらは子供を通した御近所のお母さん方なんですけどね。

どちらの顔も知っている友達は
『文章からだと本物より真面目で上品そうに見えるわよ。いいじゃない。』と
褒めてくれてんだかなんだかわからないことを言ってくれます。

今日はこのどちらか一面しか知らない読者の方のために。
私は七変化人間ですよー、とお伝えしたい。


同じ女性に生まれながらカルチャースクールやジムに通う優雅な専業主婦で
その上夫婦仲もよいお二人をおみかけすると
私だって、少なからずうらやましく思います。

奥様『あ~~ら、渡辺さん、お仕事大変なのぉぉぉ。
私なんかずう~っと旦那におんぶに抱っこしてもらっているわ~。おほほほほ・・・』

『いいわね。お気楽でなんの心配事もなくて。アハハハハ・・・』

適当に言い飛ばしてみたもののなんだか悔しいので帰宅した夫に
『お忙しそうね、って言われたわ。
私だってたまにはおんぶに抱っこくらいしてもらいたいわ!』
と言ったら
『お母さんをおんぶに抱っこしたら重すぎて腰が抜ける。介護生活やぞー。
(おんぶにだっこが、喩えくらいわかってるでしょ)
そうや、その奥さんは猫なんや。その奥さんのことを女と思っているから腹が立つんや。
その奥さんを猫と思えばいい。にゃんにゃんするペットじゃ。
そう思えば腹もたたんだろうが。』

品格が問われますので後日削除しましょうね。<(_ _)>
[PR]
by studioacanthus | 2007-10-08 20:23 | 日常

ひと皮剥けば・・・

なんだかいっきに『秋』ですね。季節に合わせスキンを変えてみました。
今日は私の大学時代の先輩の息子さんにまつわるお話です。

私はその息子さんのことを小学校の時から知っており
彼はいまどき滅多に見られない純粋培養で育ったような
何の汚れもない心の美しい子供でした。
逆にあまりに心が純粋すぎて今の学校生活は彼にとって厳しいのではないかと
思うほどでした。素直でよいこ。太陽のような子でした。
でもやっぱり純粋すぎるのが目障りなのか、小学校のころから
陰険な女の子にいじめられていました。
だから女の子にいじめられないようにと(変わった動機だが正しい)
少し遠いけど男子校のT大学附属K高校を受験しました。
私も平和に勉強ができる環境が一番と思い賛成しました。

彼の受験生活は私も知っていますが、
近所の小さな塾に通っていましたが塾側が実績を上げるためか塾代は無料。
中3の1月に入って、あまりに勉強しない息子にお母さんが耐えられなくなって
『いくらなんでももう勉強しないと後3週間しかないわよー』
と言ったらやっとお尻に火がついたそうです。
賢いのですね、ろくに勉強しないで合格しました。
これでやっと、怖い女子のいじめから解放されると皆で喜びました。
高校時代は友理と同様、高校が遠いので睡魔との戦いだったそうです。

大学は当然のようにT大学にあっさり合格しました。ある日、彼が
『お母さん、合コンってなんなの?』
『何だろうね。わからないものは参加したほうがいいよ』
母親である先輩は私に
『合コンて何なの?』ときいてきました。
『たぶん、それって今の時代、集団見合いみたいな物じゃないの?』
『へえ??集団見合いを合コンって言うの。まあいいわ。
どうせいじめられる息子に女なんか寄ってくるわけないわ。』

その後、先輩とお茶をしたとき。
『あの例の合コンだけどね、男子はT大学で女子は○女子大学だったんだって。
それでね、うちの息子が、T大生となったら数人の○女子大生が寄ってきたって。
まったくー。いじめられていた息子がT大学と言えばそれだけで、たかってくるなんて、
ひどいわね!』
まったくだー。
『だからね、息子に言ってやったわ。女の顔やスタイルにだまされちゃいけないよ。
ひと皮剥けばみんな同じ骸骨なんだからって』
そうか、ひと皮剥けば骸骨ね。なるほど。
[PR]
by studioacanthus | 2007-10-03 21:26 | 美恵

もし無人島に行くなら

友理は新しいカメラを持ってイモラ周辺をうろうろしているようです。
車で20分程度走ったらこのような自然のあるところに来れるそうです。
たくさん送ってきている写真の中から少しアップしてみました。
写真だけでも癒されますね。
e0020941_2025427.jpg
トスカーナ方面の景色らしい。
e0020941_20261058.jpg
アネモネの花が一面に自生しているのかな。
e0020941_20274127.jpg
日本の山となんか感じが違う。背の高い雑草が生えていませんね。地質が肥えてないのか??

こんな写真を見たせいでしょうか、
唐突ですが、ある日主人と二人でこんな会話が始まりました。

夫:『無人島に一冊の本を持っていくとしたら何の本を持っていく?』
     
私:『なにやろうね??広辞苑?』
    
夫・『外人なら聖書やろうね。だけど日本人やからやっぱり広辞苑かなあ。
   重いなあ。でもうちらが聖書を持って行っても読まんやろなあ。』
私:『読むわけないやんか。』
夫:『聖書と広辞苑とはえらい違いやな。枕にするにはちょうどいい。』   

私:『無人島に誰を連れて行くかって言われると誰にする?』
夫:『そりゃあ、簡単。お母さん(私のこと)や。お母さんしかいないやんか。』
私:『ふ~ん、ほんとかいな?なかなか嬉しいこと言ってくれるじゃない。
   ところで子供らは?』
夫:『無人島に子供連れて行ったら子供がかわいそうじゃんか。』
私:『ほう、なるほど、だから私を連れて行ってくれるのね、納得。』

私:『無人島に一つだけ物を持っていくとしたら?』


かなりの時間考えたのち、
夫:『う~~~ん。やっぱりナイフやろうね。むずかしいな・・・
   レンズはどうや。火がつくからいい。』
私:『石器時代に作られたのは斧(おの)槍(やり)のたぐいやからね。
   やっぱりナイフや。
   火がつくレンズもいいけど摩擦ででも火は熾(おこ)せる。』
横から長女が『私は携帯かパソコンだわ。電気ないだろうけど。』

時代の差を感じますね。

久しぶりに子供時代にかえりました。
みなさんも御家族で話し合ってみてください。楽しいかもしれませんよ。
[PR]
by studioacanthus | 2007-03-21 20:29 | 美恵

10月20日 手相鑑定士

ある晴れた日のできごとです。

多摩センター駅を降り三越方面に向かっていく途中
ある知らない女性とぱっと目が合いました。
とっさに、まずい、何か嫌な予感がしました。

すぐに目をそらして歩こうとしたのですが女性は
すばやくよって来て
『あなたには強い運気が漂っています、手相を見てあげましょう』
と言われました。
別に急いでもなかったので、たいして興味もないけど見てもらうことに。
『あなたの運勢はすごく強いですね。。ああ、、でも家族がその運を
邪魔してますよ。 それに、とっても繊細な方だわ。
あらら、あなたは一人で苦労をしょっておられる。お気の毒に。。。
でも御家庭の中心人物でしょ。
この線!これは今、運勢を変える転機が出ています。
あなたが本来持って生まれた強い運勢をのばしてください。』

うわぁ、結構当たってるじゃない。
家庭の中心人物?・・・そうなんですよ。
繊細な神経?・・・そう、そう、見かけによらずほんとは繊細なの。
一人で苦労をしょって・・・まさにそのとおり!

でも時間がないのでこれくらいにしてと思い、『ありがとう。。』
と言って去ろうとしたら、
『調布で手相の鑑定士をやっている○○です。よかったらどうぞ』
と言われ案内書みたいなはがきをくれました。
鑑定料一件10000円也
おっそろしい。。

家に帰って、
私が苦労していること、家族が邪魔して私の運気を伸ばせてないことを
知らしめるため夫に鑑定士から言われたことをすべて言いました。
すると!
『そうやっておばさんが喜ぶことばかり言うんだよ。
誰にでも当てはまるじゃないか。ハハハ!!』
なにさ!ふん!
でもそう言われてみると誰が聞いても喜ばれるせりふ。
『お母さんもありったけのネックレスと指輪をはめて
でっかいガラス玉買ってきて占ってみたら。
うん、似合う、似合う。御殿が建つぞ!!』
だとさ。
[PR]
by studioacanthus | 2006-10-20 14:01 | 日常