タグ:ボローニャ大学のテスト ( 9 ) タグの人気記事

やっとテストが終わりました☆

e0020941_21201933.jpg
開けるのがのがもったいないようなパスクア(イースター)のチョコレート二つ。
後の赤い大きな卵の中には何が入っているかな。
200年以上も続いている老舗マィヤーニのチョコレートです。
フランス革命(1789年)頃からのお店なんて歴史を感じます。

きのうテストがようやく終わりました。
今年のイースター休暇はジュネーヴ在住の母の生徒さんちに
気晴らしに遊びに行くことにしました。今からとっても楽しみ!!

アメリカ文学は本来は一年生のときに受けるべき物だったのですが
大学に入学して一番最初の授業で
何が何やら、何を話されてるのか、全然わからなかったので、
受けないまま今まで先延ばしにしてきました。
しかしいつかは取らなきゃいけない単位。
e0020941_21201292.jpg
半分は英語で半分はイタリア語で書かれた資料。
これ全部読んだんです。おかげで吐き気と頭痛が続きました。

ハーマンメルヴィルの白鯨。
ホィットマンの詩。ディッキンソンの詩。
アメリカの歴史一般。エドガーアランポー。
ホーソーン、コロンブスのことなどなど。。
読めど読めど終わらない。
高校までは付け焼刃の勉強で超えられた私ですがさすがに今回ばかりは・・・

たいていの口語試験は一人あたり15分くらいなのに
今回の試験は先生に時間の余裕があったのもあって30分。
不公平です。ありがた迷惑です。
日本ならストップウォッチの世界で公平なのに。

緊張してたので、やたらにのどが渇く。
30分アメリカ文学について語り続けるというのはとても長い。
質問に対して全部言い尽くしても時間が余る。

たとえば
『アメリカの歴史はアメリカ文学にどういう影響を与えましたか?』

???

『ヨーロッパの文学は都市から生まれたのに対して
アメリカ文学は荒野から生まれたから
初期のものは景色とか旅の記録とかに関するものが多いです。
イギリスから宗教の自由を求めて渡ってきた人たちだから
聖書や宗教に関するものが多いです。』とまあ、思いつくことを適当に。

しーん・・・・まずうっ

先生は私がもっと言うのを黙って待ってる。
シーンじゃまずいのでなんやらかんやら言えることを
先生の質問から離れた全然関係ないようなことまで話しました。

あれだけ勉強したから何とかなりましたが30分はすごい長かった!
結果28点/30点をいただきました。!^^!

[PR]
by studioacanthus | 2009-03-31 23:30 | イタリア生活

ブログをイタリア語で書いてみました

こんにちは。
母とブログを分けてみましたが、やっぱり書く側も読まれる方も不便なので
戻ってきました。一週間の別居生活でした^^

この前のボローニャ大学の授業で、
イタリア文学の試験が5時間にも及ぶものだと知り、愕然としました。
内容は、5時間以内に論文をひとつ仕上げること。
論文のテーマはそのとき知らされるもので事前に準備できない。
イタリア語でダンテやペトラルカ、ボッカッチョなどについての論文を
5時間かけて書く・・・それが合格したら先生と口語の試験・・・
合格するのは私にとって限りなく不可能に近いようなテストです。

なので、内容も形態も論文とは程遠いですが、
イタリア語で長文を書く練習としてこれからブログは
日本語とイタリア語で書いていきたいと思います。
それに読みたがってるイタリア人の友達もいるので^^

今回は記念すべき第一回。40分もかかりました。
最初に日本語で書いたものをイタリア語にしていったのですが、
言い回しがなんとも難しい。

たとえば『ぶんぶん回る』や『ぐるぐる巻き』は適切な言葉が見つからない。
『行ってきました』と『行きました』は何か違うニュアンスですよね。
それがイタリア語では同じになってしまう。
そのあたりのことは説明しようにもなかなか難しく、
イタリア人の友達に聞いてもイマイチ。

とりわけ日本語は単語数が極めて多いので、
そのニュアンスが感じられる私にとっては
それをイタリア語で表現できないのがもどかしい。
片親が日本人でもう片親がイタリア人で、なおかつどちらの言語も
母語(母国語ではない)としてすらすら話せる人にしか
こういうニュアンスはわからないんじゃないでしょうか。

大学にはイタリア人と日本人のハーフの生徒が二人いますが、
彼ら二人とも、日本語の発音は他のイタリア人に比べマシにしろ、
すらすらは話せません。
そして、同じひとつのことを言うにしても、
簡単な文章で言おうと思えばいくらでも簡単にできますが、
それでは何の練習にもならないので
できるだけ日本語で書いたのに近いニュアンスを辞書で探しつつ
書いてみました。
いい勉強になりそうです。

Manca solo un mese alla fine di quest’anno.
L’esame dell’accademia è stato rimandato tante volte
e qualche giorno fa finalmente l’ho dato eseguendo
il concerto di Tchaikovsky.
Tutti i concerti e gli esami di pianoforte di quest’anno sono finiti
e ora ho solo l’università, e quindi sono più tranquilla.

La città di Bologna è piena di luci e addobbi per il Natale
e in questo periodo ci sono tanti mercati, è bellissima.
Ci si più può divertire solo girando senza meta per la città.
Però il tempo è incerto e ogni giorno prima piove poi smette
e poi piove ancora.
Lunedì scorso è anche nevicato.
C’è molta umidità a casa mia e per questo i martelli del pianoforte
si sono gonfiati, e non tornano più indietro del tutto,
e non posso più studiare.
Subito ho comprato il deumidificatore,
e adesso sta funzionando tanto e fa molto ronzio.

Quindi avevo tempo e mi sono recata alla mostra di Ukiyo-e con gli amici.
Era interessante che i colori usati nei quadri o lo stile di come sono disegnati sono diversi a seconda delle epoche.
Ma perché quasi tutte le persone nei quadri hanno le braccia
che partono dal collo?
Oltre a questo, io ho pensato che ci sia qualche regola come per esempio: ‘Le mani devono essere disegnate piccole,
e la testa invece grande’
Di più non mi ricordo.

C’era anche la mostra dell'antico Egitto.
C’erano degli oggetti del 1300 a.C. dei sarcofagi, dei portafortuna,
degli accessori di vario tipo, dei papiri e geroglifici sulla pietra, ecc...
Non sembravano così vecchie le cose di 3300 anni fa!
E poi anche io ho visto finalmente la mummia!
Non si vedeva la faccia perché era avvolta in una benda tutt'attorno
al corpo, ma sia il colore della benda, sia la forma del corpo
mi facevano avere paura.
La grandezza del corpo era come quella del mio.

In genere c’è un pozzo o una fontana nel cortile del palazzo grande
in Italia come la foto.
C’erano le carpe appena nate.

Quando siamo usciti dalla mostra era già buio completamente.
C’era l’illuminazione lussuosa come il lampadario a corona.

Siamo andati ad un bar elegante nella libreria per bere un caffè
per un momento.
Il muro era tutto rosso, e sopra ogni tavola c'erano dei libri.
C’era un signore che stava parlando con impegno.

Dopo il caffè, siamo andati in giro per la città e nei mercati speciali
che ci sono in occasione del Natale e ho comprato una borsetta carina.
Ho trovato delle buone cose anche al mercato grande
che si trova ogni venerdì e sabato.
Le foto sono della borsetta, che userò come astuccio della macchina fotografica,
e dei dolci per Natale che si chiamano croccanti.
e0049832_621456.jpg
e0049832_6224264.jpg
e0049832_6231427.jpg
e0049832_6234769.jpg
e0049832_639364.jpg

[PR]
by studioacanthus | 2008-12-05 07:18 | イタリア生活

ボローニャ大学のテスト4 『政治と経済の地理』

一番大変だったのが『政治と経済の地理。』
科目の名前からして訳わかんないでしょ。
量が半端じゃありませんでした。240ページの資料と一冊の本。
イタリア語の資料を読むだけでもう精一杯だったので
本は結局買ったまま読めませんでした。><;
中学校時代『歴史の試験範囲が60ページだ!』とみんなでヒーヒー言っていた
ころが懐かしい。
あのころは日本語で勉強できたもんなぁ。
特別に試験10日前くらいから勉強を始めていたにもかかわらず
(私はたいてい1週間前から始めます。)
一日40ページずつ読んでいるのに終わらない、終わらない。終わらない。
資料を読むのには辞書必須です。知らない単語ばっかり。

『地理とは何か、政治の地理とはなにか、』
とかの概念の説明をイタリア語でしなければいけません。
第1,2,3次産業の世界的な分布、観光事業、経済、環境、発展
などをイタリアのそれらだけではなく世界の
粗放農業や集約農業の説明。

『いい発展の仕方とはどういうものか』
『世界の貧困をなくすためにはどうすればいいか』
『どこのGDP(国内総生産)が多いか』
『環境破壊を止めるにはどうすればいいのか』
『京都議定書、ワシントン条約、オゾンホール、砂漠化、過度の森林伐採』
についてなど、勉強する内容自体はそんなに難しくなかったんですが
イタリア語での勉強とその膨大な量にへとへとになってしまいました。
でも頑張って点数も27点(すべて30点満点で科目によっては小数第2まで25.75点とか)
と高得点♪
今の気分はルンルンです♪

昨日も食べたランチ。イタリアの友達に見せてあげようと思って撮ってきました。
まだ食べたーい。
e0020941_16502361.jpg

[PR]
by studioacanthus | 2008-07-11 16:54 | イタリア生活

ボローニャ大学のテスト3 『日本文学』

日本に帰ってきました。
さっそく、お寿司をもう2回食べました。

楽しみにしていた?日本文学のテスト(絶対に受かると思っていたから)は
ピアノのレッスンなどで押しに押していたので
11冊を最後の1ヶ月の間に読まなければなりませんでした。
日本の大学の文学部のテストはどうだか知りませんが、
中学、高校の国語の試験のように、
『この段落で作者は何を言いたいのか』
といったような質問はされず、
もっと大きな視点で、
『この本で作者は何を言いたいのか、何を表しているのか。』
『この本が書かれた時代の社会的背景』
『作者の人生や人生観など』
を総合的に訊かれました。
本は各自で読むように、という感じです。

今回は戦後から現代が試験範囲でした。
三島由紀夫、川端康成、大江健三郎、井伏鱒二、阿部公房などなど。。
これは、なかなか勉強してて面白かったです。完璧はまりました。
やっぱ日本人だなあ。。。本がすいすい読める。
You Tube上で三島の演説を見つけたり。
試験は口答試験でした。

『この作品のテーマは成長であり、絶望の中の現実逃避や逃亡から
現実の忍耐の受容、希望へと主人公が成長していく様を描いている。』

『戦後60年の間でこれほど日本がアメリカの奴隷のように
自分で考えることなしに従ったことはない。憲法第9条はなくしてはならない!』

などなど、ちょっと難しいイタリア単語を使って答えたら
『とてもよくできました!イタリア語も前回より上達したわね。』
とイタリア人教授が言ってくださりびっくり満点をいただきました。
満点なんか中学校以来だわ~~^^
両親に満点のこと言うと
父 『若いときに一定期間、猛勉強しないとあかん。』
母 『ふ~ん、小学生みたいね。』
『ちがいますっ!』
なんでいつもこうなるの!相変わらずの返事!
祖母一人感激してました。
『あんたの頭どうなってるの、誰の子やろ・・・』
                                つづく

[PR]
by studioacanthus | 2008-07-04 22:48 | イタリア生活

ボローニャ大学のテスト2 『ドイツ語の試験』

前回の日本語の試験の後、すぐ書くつもりでしたが
もう毎日が時間との戦い、
とても書ける暇などありませんでした。
昨日やっと解放されました。!(^^)!
もうすぐ日本に帰って和食食べれるし~~♪


英語の試験よりさらに私にとって問題なのがドイツ語の試験でした。
ほんとは中国語を選びたかったのですが『欧州言語から選ぶこと』
だったので仕方なくドイツ語を選びました。
私は第3言語としてドイツ語を選んだので口答試験は無く筆記試験だけです。
ドイツ語の試験もまた英語のように3パート(穴埋めテスト、作文+読解、
『世界でのドイツ語の立場』)、そしてまた辞書持込不可。。。

イタリアの高校は5年間あり、その5年間ドイツ語を勉強してきた生徒も結構います。
私はまったくの初心者なので初心者グループの授業を受けていました。
しかし、試験はその5年間ドイツ語を勉強してきた人たちを
同じテストを受けなければならないのです!
しかも辞書なし。永遠に無理かもしれない・・・
ドイツ語の試験も英語の試験のように、授業でやったことが
でるわけではなく実力テストです。
どうせ知らない単語が出てきて、またしても穴埋め、
男性名詞か女性名詞か中性名詞かもわからない。
そうなるともうクイズです。
イタリア語のように女性名詞の大部分はAで終わり、男性名詞はOで終わるのなら
いいのですがドイツ語は辞書を見ない限りわからない。
今の私にはあてずっぽうのクイズになります。
私は他に勉強しなければならなかった科目もあってドイツ語まで
手が回らなかったので
結局今回は文法の試験はパスしました。
受けても100%落ちる自信があったし(実際私の友達全員落ちました。)
夏に日本で文法をよく勉強して9月の試験にかけるつもりです。
それでも受かるかどうか怪しいもんだ^^;

『世界でのドイツ語の立場』 のテストは受けました。
アカデミーでのレッスンなどがテスト前にドバドバあって
また一夜漬けのような勉強になってしまったんですが、
(実際は4日で100ページのドイツ語を読みました。)
テスト直後は絶対落ちてる。。。と思ってたんですが
6割の合格点数ぎりぎりでなんとか合格してました。

ギリギリで合格していたので友達にもう一度良い点数になるまで受けることを
勧められましたが、(学生証に点数が永久に残るためです^^;)
いやだね、二度と受けるもんか!

日本に帰ったら王将にワタアメを作りに行こっ♪
                                   つづく

[PR]
by studioacanthus | 2008-06-27 23:32 | イタリア生活

ボローニャ大学のテスト1 『英語の試験』

e0020941_6414283.jpg
ボローニャの斜塔です。どれも傾いているように見えるけど・・・
建設中にどんどん傾いていったんだそうです。
塔の傾いている側には(左側)絶対住みたくないよね、
と友達と話していたら左側は教会でした^^

私は5月の中旬からずっと試験づくめです。

テストは聞いていた通り、そう楽なもんじゃありませんでした。
まず英語。
まあまあしゃべれる方だったので甘く見てたらこれが結構難しかった。

3時間で3タイプの筆記テスト(休みなし)+ 大学教授との口答試験

筆記テストすべて受かった人でないと口答試験は受けられません。><
3タイプのテストとは、①文法、②読解+作文、③ファンクショナル・グラマー。
続けざまに3時間の試験というのはかなりの集中力が要りました。

一番の難関は文法でした。穴埋め式だったんですが
60個の穴を自分で単語をひねり出して埋めていかなければならない。
選択でもないんです。授業でやったことが問題に出されるのでもなく、
実力テストの形なので、何を入れればいいのか全くわかんない~~ものもありました。

その穴埋め式問題のほかに、
形容詞や名詞、動詞、副詞の変換問題や動詞の時制変更もありました。
こんな問題はイタリア人はラッキーです。
知らない単語でも、イタリア語と英語は似ているところがあるから
イタリア語に当てはめたらすぐわかるんです。
日本語はどの言語にも属してないからやはり難しい。。孤立状態。。。
最終的には感覚的に書いていきました。(これまた適当^^;)

そしてもちろん、全部のテスト辞書持込不可。

受かるかどうか(60%以上の点数が必要)不安でしたが
8割はとれて、思っていたより良い点数でとりあえず合格。

なので今日口答試験を受けてきました。
一人あたり15~20分くらいでアメリカ人、もしくはイギリス人の
先生と一対一の面接です。あぁ・・・緊張。

・近代社会においての家族のあり方、
・両親が離婚することについての自分の意見、
・親というものはどうあるべきだと思うか
・小さい頃のうれしかった思い出  などなど。
口頭試験のほうは知っている単語を並べて適当にさらさら言ったら^^;
超高得点!^^! 我ながら、すごいと思ってしまった。。

個人個人、質問内容が違い友達のジュリアは
『ナポリのごみ問題について』聞かれたそうです。
『地球温暖化について』、『スポーツについて』などで
中には『ベジタリアンはなぜ野菜しか食べないのか。』
という質問をされた友達もいました。かわいそう!
『何で私にそんなこと聞くの!そんなの知らないわよ!
ベジタリアンに直接きいてほしいよ!』だって(笑)

でも先生たちも大変です。ボローニャ大学は大きいから生徒の数も多い。
何百人もの生徒を一人ひとり面接していかなきゃいけないんですから。
落ちた人はまた次のテストのときに受けられます。
学年ごとに取得単位数が決まってなく卒業するまでの単位数を満たすと言う考えで、
テストは永遠に受けられます。のんびり学生をしたい人、
さっさと卒業したい人さまざまです。
あんなに難しくするからテスト落ちる人がドサドサ出て卒業するのがどんどん
遅くなって30歳まで大学生みたいなのが常識になるんです。
極端な話、10回受けても通らない人や科目もあるそうです。
なかなか卒業できないため、
就労年齢が高くなるのはイタリア経済に悪影響だと言う意見も沸いています。
テストが難しいのも良し悪しですね。

つづく

[PR]
by studioacanthus | 2008-06-13 06:42 | イタリア生活

ボローニャ大学の英語のテスト

こんにちは。久しぶりのブログです。
今日は交通機関の大規模なストライキで船、飛行機、電車、バス
全部止まっていて大学にも行けないので休みます^^
イモラはものすごく寒く、夜は霧でむせかえるくらいです。
Emilia通り にもずーっと前からクリスマスの飾りは付いているのに
電灯がつくのは12月1日かららしくてまだです。
ボローニャのマッジョーレ広場には巨大なクリスマスツリーが
立ち、どの道もとっても綺麗です。次回までには写真撮っておきます!
e0020941_2138426.jpg
これは大学の中庭でここでみんな昼食をとっています。
この大木が歴史の古さを物語っているような気がします。

先日(といっても11月頭)には英語のテストがありました。
授業を受けるだけのレベルがあるかどうか、
このテストをパスしないと授業さえ受けさせてくれない大事なテストです。
本来は9月の末にこのテストは終えていたのですが
その試験があったことを知らなかった私たち外人組や地方のイタリア人、
HPでチェックしていなかった人たちのためにもう一度してくれたものです。
(大学の時間割やテストの情報、結果は全部HPに発表されます。
だから誰が何点取ったかもすぐわかるんです。怖いでしょ。)
結構難しくて落ちてる人もかなりいるということを事前に聞いていたので
ドキドキでした。直前にまたいつもの一夜漬けの単語をバーッと覚えて^^;
受けました。かなり難しかった。
最低55点以上取らないと授業を受けさせてくれません。
ただ、単位取得の学期末テストは受けることができるので、このレベルチェックの
テストに落ちた人は自分で勉強して、勝手に学期末の試験を受けろ、と。
なんか日本と反対です。日本はできない人を拾おうとしてくれるのに
こちらは出来ない人をどんどん捨てようとしています。
出来ない子を伸ばすというより出来る子しか教えてやんない、
テストは落とすためにやってる感じです。
実際授業に出る人数も減ってきています。
そのことを両親に言ったらそれが本来の大学の姿だって。

その結果発表の次の日、イタリア人友達が電話してきて
『ユリー!英語の結果見た~~?僕落ちたよー!ユリは受かってるよ!』
『知ってるよ^^きのう見たよ。』
『あ、そっか!もう知ってたんだ!
いやね、結果知らなかったら教えてあげようと思って!』
自分は落ちてるのに電話してくる明るい友達^^;
みんな気持ちがさっぱりしています^^
今回受けた81人中43人が落ちてました。私はぎりぎり合格。
キビシイキビシイ・・・

[PR]
by studioacanthus | 2007-11-30 21:42 | イタリア生活

学生証がもらえた!

やっと手に入った学生証です!あれから2ヶ月もたっての発行ですが
まわりの学生に聞いたら「まだー」って言う外国学生、イタリア人学生が
ちょこちょこいたので気長にずっと待っていました。
日本のシステムが理解できない事務の人と半ば喧嘩になったけど説得できました。
小さいカードが学生証で、本みたいのは大学の手帳?
Wikipediaボローニャ大学に出ている大学の紋章と同じで感激しました。
この学生証をいつ剥奪されるか、いつまで持つことになるのか・・・
e0020941_83552.jpg

言語学のノート。
私がいくら「死ぬほど勉強してる」と言っても家族は「ふ~ん」と流すだけなので
証拠物件を!
e0020941_7404533.jpg

[PR]
by studioacanthus | 2007-11-09 07:57 | イタリア生活

ボローニャ大学の入学試験を受けてきました。

日本ではお気楽に私の代わりにクワガタを育てているみたいですねえ。。

実は私、去年から受験生でした。
イモラ音楽院の試験週間は今月17日からなのになぜこんなに早くイタリアに
帰ったかというと9月3日にボローニャ大学の入学試験があったのです。

5月に急遽日本に帰ったのも国立大学を受験するための手続きのためでした。
両親は相変わらず放ったらかしなんで煩雑な手続きを全部一人でしました。(*^^)v
っていうかだれもイタリア語わかんないもんね。
去年からボローニャ大学に直接何度も出向いていって事前調査して、
やっと入りたいところを決めたのに、
そこは今年世界枠募集してないということが5月にわかりました。(T_T)
なので『世界枠(ユーロ圏を除く)17人募集』の
外国語言語文学という学部を受験しました。

受験日は朝9時に大学に集合でした。余裕を持って6時半に起床。
イタリアは電車が遅れたりなくなったりなにが起きるかわかりませんからね^^;
私はWATANABEなので日本でもイタリアでも名簿は最後の方。
今回の受験でも名簿では最後でした。
なので何時間も待たされるんだとばかり思ってたら
「WATANABE YURI!」
「ひゃあ。一番か!」

テストと言っても語学能力のテストで、大学でもイタリア語で話される
授業を理解して授業についていけるかどうかの能力を見るものです。
試験は「口頭試問+読解」でした。
夏休みには会話ではあまり使わない伊単語を1500位は大体覚えたかなあ。

普通の会話なら大丈夫ですが、
①伊の文明、②伊文化や文学、③伊の新聞、④伊の地理、
⑤伊の20世紀作家について・・・などなど
10項目についての質問があると要項に書かれていたので
何を質問されてもいいように全部調べていきました。
日常会話でなく難しい会話をしなければいけない感じだったので
私としてはかなり準備して、ほとんど覚えていきました。^^;

ところが試験官と話し始めて30秒後、
「君、よくしゃべれるねぇ。用意もきちんとしてきてるし。」
”日本人だもん♪”
そして何分か後、
「君は大学受かるから~」
「はぁ。そうですか。ありがとうございます。」
トップバッターの私にこんなこと言っていいのかしらって感じでしたが、
それがイタリア^^
必死こいて勉強してきたからには、しゃべりたかったので、いろいろしゃべりました。
そして終了^^

終わってからイラン(テヘラン)から来た受験生と「そんなに難しくはなかったよね。」
としゃべっていたら前の嫌な外人に
「へっ。お前は運がいいんだよ。いい試験官に当たっただけじゃねーか。」
と言われました。びっくり!
その二人は試験が始まる前からなぜか私を目の仇(かたき)みたいにして
見下した笑いを浮かべていました。
日本人なら絶対言わない偏見の言葉を平気で使います。
私は日本人として恥ずかしくないような言動にしなくっちゃ!

やはり中国人が多かったです。団体さんになってました^^
ある中国人は試験が終わってからもひたすら勉強をしてました。
一人、トイレで中国人の男の子と一緒になったのですが、彼は
「きみ!中国、韓国、日本人?僕は大学は入ったら日本語勉強するんだ!」
と燃えに燃えていました^^

試験が終わってから全員外に出されて待つこと30分か1時間くらいかな、呼ばれたら
構内の壁に全員の点数が貼られていて、
ななななんと最高点で合格していました。!(^^)!
(あくまで外人枠での点数。今後授業にはどっさりユーロ圏の人が入ってくる。)
でもとりあえずこれで10月から正規ボローニャの大学生です^^
単位を取るのがとっても難しい大学なので
卒業するのに何年かかるか???卒業できるかなあ??

大学合格のおかげで私は他国の留学生と
一緒にイタリア語のレッスンを無料で1ヶ月受けられます。
そのクラス分けテストもまた受けてきました^^;
私はゼロから一人で本だけで勉強してきたし、
いい機会なので私はそのレッスンを受けます。
高い学費の語学学校を無料にしてくれるんだから当然行きます!
でもこれからアカデミーの試験もあるのに週何回もその語学のレッスンのために
ボローニャに行くのも大変です。。。
e0020941_22584573.jpg今年のお正月に高幡不動で買っただるまです。受験の願掛けするつもりで買ったのにイモラの家のテレビに置いたまますっかり目を描くのを忘れちゃってたのでまだ白目むいてます^^;
                                                                渡辺友理

[PR]
by studioacanthus | 2007-09-08 23:03 | イタリア生活