<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ジュゼッペ・アンダローロ

1982年、イタリア パレルモ生まれ。
何かの音源を過去に聴いたことがあり”語る”ような演奏でマークしていた人です。
彼のリサイタルが近くであったので8月、多忙でしたが女3人で行ってきました。

プログラムはハッキリしていなくラフマニノフ他としか書かれていませんでしたが
一聴の価値ある人ぞ、と思いチケットを買っていました。
橋本の杜のホールという木の響きを大切にしたとても音響の良いホールでしたが
知名度が低いのか半分くらいの入りでした。

演目
モーツァルト:ニ長調 ロンド K.485
シューマン:幻想小曲集 Op.12
ラフマニノフ:10の前奏曲 Op23より2番.4番.5番.
リスト:ハンガリー狂詩曲 2番

聴き応えのある面白いプログラムでした。
最初のモーツァルトのロンド、小学生から大人まで弾く曲、
あんなに美しく可憐な演奏は初めてでした。
天使の声とでも言うか、そんな触ると壊れるような繊細な演奏で魅されました。。。
とてもさりげなく、ブレハッチの即興性とはまた別の
良い意味で行き当たりばったりの演奏だと思いました。
次回弾いたらまた違う様子になるにちがいない。

2曲目の幻想小曲集の飛翔で
あれ?これはかなりの、でなく、すーーーごいテクニシャンだな。
すごいって言葉はただの感嘆符の言葉なので使いたくないのですが
その演奏においてはすごいとしか言いようがありませんでした。

ラフマニノフも歌と指のどちらも冴えてスケールの大きい演奏でした。

最後のハンガリー狂詩曲にいたってはもうどうなるか予想がつきました。
私の耳が追いつかないほど速い、速い、あっという間に終わりました。

もうひとつ驚くことにミスタッチが聞こえない。
何この人??お化けか天才か??

アンコールも盛りだくさん、リゲティやゴドフスキーの難曲エチュードもさらりと・・・

なんだか、あまりの鮮やかなテクニックが後に残り、仇になったような・・
彼の持ち前の叙情的な歌が隠れてしまい私はちょっと残念。。

「あんなに完璧なテクニックって天性のものだろうね、でもやっぱり練習してるのかなあ」
どっちだろう??

せっかくイタリア語がしゃべれるんだから本人に直接聞いてみよ、と
サイン会のとき、お話できるチャンスがあったので友理が聞いてみました。
「素晴らしい指をお持ちですがたくさん練習されていますか」
「全然!!」
やっぱり・・・・イタリア人が謙遜などするはずがない。
イタリアでも彼の私生活はある意味すごいとお友達から聞いてはいたが。。。

たいていコンサートでは何かしらエネルギーをもらい、やる気が起こるのですが
彼の演奏を聴いた後は、ひゅーと意気が沈んでいきました。

私たちが練習しているピアノって何やっているんだろう??
シラ~~~~みんなで落胆して帰ってきたリサイタルでした。。。
その場で思い出した曲をこんな感じかなという感じでしゃしゃっと弾いて・・・
それでいて日夜練習している人よりずっとうまい。
ああいう人を天才っていうんだろうね^^;
[PR]
by studioacanthus | 2008-09-26 22:16 | ピアニスト

世界から見た日本

何年前だったか、『英語で喋らナイト』ででも放映されていたあるお国柄思い出しました。
意外にも出演者たちは知らなかったので紹介してみます。
たぶんどなたかの本だったと記憶していますが、
詳しくはわかりません。大体こんな感じだったと思います。

『客船が沈みだしたのに誰も飛び込まない。
早く飛び込めませるには船長はなんと言ったか』
 アメリカ人には「飛び込めばあなたはヒーローですよ」
 イギリス人には「飛び込めばあなたは紳士です」
 ドイツ人には「飛び込むのがこの船の規則となっています」
 フランス人には「飛び込まないでください」 
 イタリア人には「飛び込むと女性に愛されますよ」
 日本人には「みんな飛び込んでますよ」

『国際学会で遅刻してしまったら・・・』
 アメリカ人・・・内容を薄めて時間内に収める。
 イギリス人・・・いつものペースで喋り、途中で止める。
 ドイツ人・・・いつもの二倍のペースで喋る。
 フランス人・・・いつも通りのペースで喋り、次の発言者の時間に食い込んでもやめない。
 イタリア人・・・いつもの雑談をカットすれば、時間内に収まる。
 日本人・・・遅刻などありえない。

『男二人と女一人という組合せで、各国の人々が無人島へ流れ着いたら・・・』
 アメリカ人・・・女は男の一人と結婚して子どもも生まれたが、その後に離婚した。
 フランス人・・・女は男の一人と結婚し、もう一人の男と浮気した。
 イタリア人・・・男二人が女をめぐって争った。
 日本人・・・・男二人は、女をどう扱ったらよいか、会社に携帯できいた。
 

[PR]
by studioacanthus | 2008-09-22 07:11 | 友理

シューマンピアノソナタ第2番・ブラームス作品119

e0020941_21513598.jpg
無事にボローニャに着きました。
今回も定刻どおり飛行機が発着できて、なかなか良い旅でした。

申し遅れました。。。
先月ピティナの「グランミューズな大学生」に紹介していただけましたが、
先日郷土の響きで演奏したライヴ音源のシューマンのソナタ第2番全楽章
をお送りしたところ、
「演奏がとても完成度が高く、この機会にピアノ曲事典の方への
登録をお願いしたいと考えております」という突然の
うれしいお知らせをいただいたきました。
思ってもみなかった事で
大変光栄なことなので喜んでお受けしました。

実を言うと本当はブラームスの出来が今までの中で一番良かったので
音源をシューマンにするかブラームスにするか迷いました。
結局ブラームスは渋すぎる、誰が聴くんだ、と思いシューマンをお送りしました。

でも多くの人に知ってほしい、弾けば弾くほど味の出てくるブラームスを、と思い
思い切って「ライヴのop119全曲ブラームスもいかがでしょうか。」
と送ってみましたら「全曲音源はないので是非」と
快諾してくださいました。

ついでにライヴのショパンのソナタ3番全楽章もあるんですが・・・と書こうかな、
と思って母に言ったら
「調子に乗るな」と言われたのでソナタはやはりもう少し暖めます^^;

ライヴ録音は臨場感や息遣いまで伝わるのでスタジオ録音よりも聴いていて
断然おもしろいと私は思います。
10月1日より毎日月曜日から金曜日
朝9時から5時まで大学で勉強しています。
残りの時間でピアノと食事作り、家事をこなしています。

言語学の先生がゲバラ先生と言うお名前。
アルゼンチン人なのでチェ・ゲバラの親戚かな?
だったらすごーーーい!若くてよくしゃべる面白い先生です。

ところでピアノ曲事典が9月にアップされていました。
(時々チカチカと言う機械の雑音が・・・おじさんの息が・・・物を落とす音が・・・
私が録った物なので仕方ないけど^^;)
こちら

以下リサイタルに使った簡単なプログラムノートを載せますので
聴きながら読んでくださると嬉しいです。



ブラームス:ピアノのための4つの小品集 op.119

全体的に宗教的でとても繊細な音を持つ曲です。ピーンと張った緊張感、詩的な
メロディーの1曲目から始まり、神経質で動揺してしまう2曲目。中間には少し過去
を懐かしむかのような甘美な和声進行をはさみます。3曲目は軽く明るく大らかに遊
び心いっぱいの曲です。そして、フィナーレのラプソディー。堂々とした重厚な和音
の連続で成功へと導かれるかと思えば、また不安に苛まれるような、まさにブラー
ムスそのものを語っているような曲だと思います。

この曲はブラームスの最後のピアノ曲で、またロマン派を締めくくる最後の曲で
もあります。完全主義者であったブラームスが今までの人生を振り返り、来世に希
望を託す一筋の光をこの曲に込めたような気がします。
20歳で弾くべき曲ではないかと思いますが大好きなブラームスをわずかでも
触れたくて弾きました。悟りを開かなければ弾けない大曲。
一生をかけて弾いていきたいです。


シューマン:ソナタ第2番 op.22 ト短調

ブラームスのop.119は彼が60歳のときに書かれたものに対して、このソナタはシ
ューマンが23歳のときに書かれたものです。若さ溢れる躍動感の満ち溢れる曲です。
シンコペーションや咳き込むようなシューマン独特のリズムが頻繁に出てきてテク
ニック的にも難曲です。
シューマンは後にうつ状態になりライン川で自殺未遂をしたことで有名ですが、
すでにこの曲にも執拗なまでの同じパッセージなどその兆候がすでに見え隠れし、
神経質すぎて近寄れない鋭さを感じます。2年前に謝肉祭を弾きましたが、
そんなシューマンに不思議な魅力を感じ今回も取り上げました。

                                2008年 10月   渡辺 友理


よろしかったらみてください。
ピアノ曲事典音源提供ピアニスト

[PR]
by studioacanthus | 2008-09-14 21:53 | グランミューズな大学生

出発の日

嵐のような怒涛の夏がようやく終わりました。
じわじわと疲労が襲いかかってきています。
今年ほど忙しかったことはかつてなく”まっ、いけるか”と思ったのが大きな間違いでした。
来年からは少し身の程にあった生活をしなくてはと反省しています。

7日の発表会、上手く弾けた人、思うように行かなかった人、
それぞれ感想を持っているでしょうが
いずれにしろ、本番の出来や結果は過度に一喜一憂するものではありません。
幸いなことに発表会はまた次回があります。
いつも言っていることですが
本番演奏などはその日の体調や精神状態で変わってしまうものです。
本当に何が起こるか誰もわからないものです。
ただ自分が満足する成功への確率を上げるため勉強し
また、そこへ持っていくまでのプロセスに意味があり勉強の面白さがあるのです。
だからどんな演奏になったとしても一回り人間が大きくなると思います。
芸の道に成果など求めるならやめるしかない。根っこからずれています。

          ~~~~~~~~~~~~~~~

昨日、ようやく友理がトランクの荷物詰めを開始しました。
何事も間際にならなきゃやらない悪い習性を持った娘なので朝から、
髪の毛のカット、コンタクトの受け取り、食料の買い込みで日が暮れました。
夜になって荷物をトランクに入れるもののどうしても手荷物とトランクの総重量が
10㎏オーバーになるとぶつぶつ言っていたので中身を見ると
大きなトランクの中身はほとんど全部日本食ではないですか!!

お味噌(現地の物は変な味だとか)お餅、レトルト食品など食料ばかり20㎏
詰め込んで残り5㎏が靴や洋服。何なの、この中身?
「そんなに日本食ばかり詰めなきゃいかんのなら日本に居ればいいのに・・・・」と
いつもの会話。
「いいの!」
「お父さんなら食料減らして日本語の本を持っていく。」
「いいの。本は後で安く送れるでしょ。まずは食べ物の方が大事なんだから。」
午前一時、結局、あれこれ迷い泣く泣く3㎏ほど食料を減らしました。
食い意地は健在です。

今朝5時に起きて南大沢駅にリムジンを見送った後、
八幡神社に友理の身の安全を二人でお祈りしてきました。

「人生の一番若くて綺麗なときになんでイタリアに行かなきゃいかんのや・・・」
この日が一年で一番いやな日です。
会社から帰ってきた夫、
「あーあ、あーあ・・・」
ため息ばかり。。。

つかの間の2ヶ月だった。。あとは10ヵ月後を待つばかりです。
[PR]
by studioacanthus | 2008-09-10 23:20 | 音楽

多摩動物公園へ行ってきました

遅くなってしまいました。毎日ドイツ語漬けなもんで。。
うちほど大人になっても動物園に行ってる家族はいないんじゃないかしら。
今回動物園に行ったのはスタンプラリーをするためです。
1ヶ月に1回動物園に行ってその月のスタンプを押すというのを
1年間続けると商品がもらえます。
今月はハキリアリのスタンプでした。

多摩動物園はなんと言っても52ヘクタールという広いところがいいです。
次の動物へ行くまでに遠いし数も多いし(300種類以上)
そして起伏が激しいのでとてもいい運動になります。
今回は入り口から一番遠いレッサーパンダまで行ってきました。
e0020941_21393682.jpg
e0020941_2003070.jpg
怪しい格好のお姉さん、誰だ?
e0020941_2003769.jpg
ここに来ると必ず乗るライオンバス。窓に肉がついているので
ここまでの至近距離で見ることができます!
昔行ったとき、小さい女の子が『怖いよー』ってひたすら泣き叫んでいたっけ(笑)
ライオンさんたち、やたら喧嘩していました。
e0020941_2005162.jpg
暑かったので寝てる動物が多かったです。
木を抱き枕に寝ているのはオーストラリアに住んでるウォンバット。
私の寝方に似ているかも??
e0020941_201596.jpg
トラの姿は雄大。毛並みもライオンより綺麗。

e0020941_207136.jpg
ぜひ大きくしてみてください。
今回何より面白かったのがオランウータン。
このオランウータン、かなり遠いところにいたのですが
ズームを14倍くらいにして撮ってみたら表情までバッチリ撮れました。
肉眼じゃこの何とも言えない表情は見えませんでした。
最初、この子はこの麻の布を全部かぶっていたんです。
オランウータンが下にいるなんて思ってもなかったら何やら
モソモソ動き出した!
そして今度は頭にだけ布をかぶせてしばらくこの体勢でじっとしていました。
いったい何を考えているんでしょう。
修行僧みたい(笑)
悟ってる感じがするからこのオランウータン、ブラームス弾けるかも(笑)
布をかぶっているだけですごく人間に近づくと思いませんか?
実際とても賢いらしく、お気に入りの雑誌のページとかもあるそうです。
暑い日には自分で布を水に浸して絞って体を拭くこともできるとか。

[PR]
by studioacanthus | 2008-09-06 20:43 | 友理

シューマン:ピアノソナタ第2番 op.22

「グランミューズな大学生」の音源がアップされました。
先日の”郷土の響き”リサイタルのライヴを録ったものです。

新しい録音機器を数日前に慌てて通販で購入し
取扱説明書を読み読み録音してもらいました。
録音レヴェルなど初めての経験で
CDのようにバランスや音質など美しく録れませんが
ライヴなので勢いはあると思います。
まだまだ改良点はありますが20歳の録音をここに残せることに感謝しています。
どうぞお聴きください。
こちら

[PR]
by studioacanthus | 2008-09-04 20:38 | ピアノ曲事典

新潟で弾いてきました

初めて新潟に行ってきました。
私は世界一速い電車は日本の新幹線!と思っていたら
イタリアの友達が「フランスでしょー!」と。
でも調べてみたら今年できた北京の電車が世界一みたいですね。
でも、本数とか正確さとか総合的に見たら絶対日本が一番!

長岡駅に降りたらまず良寛さんがお出迎え^^
良寛さんは小さい頃に読んだ漫画偉人伝全集に入っていた人だったので
おなじみの人でした。
なかなか味のある顔してるし、昔の人なのに八頭身ですごい若い身体してる^^
e0020941_903129.jpg

e0020941_904460.jpg

その日はもう遅かったので夕飯をすませ、すぐホテルへ直行。

次の日は雨の予報だったにもかかわらず、快晴。ラッキー
気持ちのいいお天気でした。
車の窓からは一面に広がる田んぼ。
もうすぐ稲刈りで、稲穂がすべて重そうに垂れ下がっていて
金色に輝いて本当に綺麗でした。
イタリアでは麦畑とかとうもろこしは見るけど、
お米は見たことないので珍しかったです。
e0020941_905951.jpg

おばあちゃんが素敵にアレンジして活けてくださったお花です。
お庭の葉っぱとトルコ桔梗を混ぜて芸術的に仕上げてくださいました。
e0020941_911966.jpg

[お昼からと、夕方からの2回公演で120名ものお客様がいらしてくださいました。
こんなにお客様と近い距離で弾くのは初めてで、視界に入るほどでした。
子供たちのために難しいブラームスは避けて、シューマン1楽章とショパンと、
耳で覚えたメロディーに適当に和声を付けて、
ジブリ、タイタニック、冬ソナ、ディズニーなどのおなじみな曲を
調性も変えて上手くつながるようにメドレーで弾きました。

演奏の後のトークはしたことないので何を話したらいいか
不安でしたが、おしゃべりに生まれついているので
話しだしたらわりとスムーズにべらべらしゃべってしまいました。
e0020941_914053.jpg

火を点けて1分経ったか経たない内に「はい!お召し上がりくださいませ!」と
お店の方に言われ、もう食べるの?
レアで食べることに意味があったのでしょう。
柔らかいけどプリップリの食感。一生に一回の贅沢だろうな。
e0020941_915410.jpg

お次はカニ丸ごと一杯!
イタリアではめったに食べられないので一年分、いただきました。
e0020941_9144232.jpg


日本海に注ぐ日本一長い信濃川の河口。前日に雨が降ったので濁っていました。
e0020941_92540.jpg

初めて見る日本海。太陽光が当たってきらきらして綺麗。
風がものすごく強かったので、こんなに海に近いのになぜか潮の匂いはしませんでした。
左に少し佐渡島が見えます。
e0020941_922883.jpg

市場にも行ってたくさんのお魚を見てきました。
e0020941_8422961.jpg

皆さまからの素敵なプレゼント。心から感謝です!ありがとうございます!
e0020941_93020.jpg


今からスタンプラリーをしに多摩動物公園へ姉と行ってきまーす!

[PR]
by studioacanthus | 2008-09-03 09:16 | コンサート関係