カテゴリ:日常( 16 )

人類存続のためには


e0020941_22545886.jpg
イタリアの竹はかなり細いそうです。
先日のイタリア中部地震後、生徒さんやお友達から
『友理ちゃん大丈夫だよね。』と問い合わせを頂きました。
直接友理にメールを送ってくれた友達もちらほら。
気にかけてくださってありがとうございます。

私も携帯に、一応生存確認を入れたら
『何の用事?今、授業中なんだけど。』
とそっけない応答で地震のことを詳しくは知らないようでした。
その後ニュースで多くの人が亡くなったことを話してきました。
天災は何時どこで出会うか分かりませんね。
他人事ではありません。

ところで、あっという間に世間の話題として出てきて消え去りましたが
テポドン騒ぎの際、夫のある会話を思い出しました。

何時だったか忘れましたが新聞を見て夫が
『エジプトで17歳の女の子が爆死している。かわいそうに・・・』

『確かにお年寄りが亡くなるよりは
 残り人生の長い、若い子が亡くなるほうが可哀そうだけどね、
 お父さんはいつも若い女の子が亡くなったとき可哀そうと言ってる。
 若い男の子のときは言わないね。
 女の子が亡くなったときばかり可哀そうだと言ってるわ。』

夫『そりゃそうや。女の子と男の子とは違う。女の子のほうが可哀そうや。』

私『男も女も同じですっ』

夫『違う!たとえば、男と女がぞれぞれ100人いたとする。
  99人の男が死んでも1人生き残ったら人類は生き残る。
  でも、99人の女が死んで1人の女しか生き残れなかったら人類は滅びる。』

なるほど・・・だから、一夫多妻があるのね。
お父さん、銀婚式過ぎても相変わらず冴えていますわぁ。
[PR]
by studioacanthus | 2009-04-09 22:58 | 日常

お正月の川柳

お正月はいかがお過ごしだったでしょうか。
東京は抜けるような晴天に恵まれよかったですね。

うちでは人生ゲームを祖母も交えてやりました。
何十年ぶりかのゲームにはまり、久しぶりに大笑いしました。
ゲームの中で
私は教師・校長になり邸宅やら株券などで最後に大金持ちになりましたが
夫は早くに結婚し、子だくさん、サラリーマンで
約束手形を大量に持ってしまい、
最後には子供のおかげで返済するという身につまされるような結果でした。
現実にならなければ良いが・・・アハハハハ!

ところで去年の暮れに書いた「川柳」好評でしたので
またしつこく探しました。
お正月の初笑いにはちょっと出遅れましたが
なにか響くものがあるでしょうか。

ドットコム どこが混むのと 聞く上司

恋仇 譲れば良かった 今の妻

デジカメの エサはなんだと 孫に聞く

まだ寝てる 帰ってみれば もう寝てる

国民に しわ寄せよりも 幸せを

続柄 あわてて「妻」を 「毒」と書き

部分痩せ したい所が 大部分

    ~日本経済新聞 サラリーマン川柳より~


女三人で爆笑していると
「川柳は自分で作らないと意味が無い」と夫がぶちぶち言いますので
湯船に浸かって考えましたよ。

脳年齢 三十若くて いと うれし

夫よ、どうだ!

実は正月にヤフーの脳年齢ゲームをしたところ
20歳後半とかの結果が出てきました。
何で私が娘と同じくらい幼い年齢なの!もっと高い数字が出てもいいのに!
と思ってどんどんやればやるほど20歳前半と幼くなる!なんで?
生徒に言ったら
「先生、それは年齢が低い方がいいんですよ。」
「え!?そうだ、そうだ^^;私、若いんだ^^アハ」

この思考が20歳の脳年齢だろうか???怪しいゲームだわ・・・

因みにこの自作川柳

脳年齢 三十若くて いと うれし

を夫に言ったら
「それは川柳とは言わんぞ!」

「じゃあ、なんなのよ」

「それはなー自画自賛って言うもんや!」
[PR]
by studioacanthus | 2009-01-08 23:17 | 日常

上り坂と下り坂ともう一つの坂

だんだん一年も終わりかけて皆さん、そろそろお忙しくなって
こんなブログを見る暇などなくなってきていることでしょう。

今年を振り返り・・・・
そういえば今年はピティナのブログを一件も書いていない気がし始めた。
待てよ、今年はどこに行ったんだっけ??
G級、名古屋、大阪、福岡、あと一つが・・・どうしても思い出せない・・・
と思ったら一番親しみのある京都でした^^;
来年は島根とか、青森とか都会じゃないところへ行ってみたいなぁ。


話し変わりますが、人間、長い人生には3つの坂があることをご存知ですか。
上り坂、下り坂、そしてもう一つの坂

ああ、今は上り坂だな、今は下り坂だな、と嬉しくも辛くも感じながら
その坂を越えていきます。

しかし、今年は
上り坂でも、下り坂でもない3つ目の坂に立て続けに出会ってしまった。

・10年来の持病のめまいが、たった10分の体操で治った。
 私にとっては奇跡だった。

・絶対に行くはずがないと思っていた30年来の友人が遠い土地に
 引っ越してしまうことになった(悲)。

・1ユーロ=170円が、あれよあれよと言う間に120円になっている。

・歴史に残るほどの100年に1度あるかないかの世界金融危機を経験している!?

まだまだあるけど・・・・

そうなんです。

私は今年、マサカの坂に出会った年でした。

誰でも必ずマサカの坂は思い起こせば思いあたるでしょう。

これからは歳とともに、またこんな世の中、マサカが増えてくるにちがいない。

オバマが大統領になり・・・ああ怖い~ どうか世界泰平のときが来ますように。。。

そして、そして、極めつけは、マサカ、
今年自分が救急車デビューするとは思わなかった(@@;)!!

でももう今は元気なのでご心配なく!
[PR]
by studioacanthus | 2008-12-17 22:27 | 日常

振り込め詐欺にご注意

今年も残すところあと20日、
去年は忘れもしないバック置き忘れ事件。

今日は最近テレビで耳にたこができるほど聞かされている“振り込め詐欺”について。

実は私の実家にも”振り込め詐欺”の電話がかかってきています。
私の家にはかからないのにどうして実家は老人宅っていうのがわかるのでしょうか。
恐ろしい。

今日の出来事。
「もしもしー、医療費の還付なんですけどー」
母は思い当たることがあったので慌てて
「その書類がまだ出せていない、まとまったら出そうと思うんだけど大丈夫ですよね。」
というようなことをとりとめもなく一方的に説明したら
「あんた、うるさい、何言ってるの!」ガチャンと切られたそう。
もしかしてこれは”また振り込め詐欺か”と私に電話してきました。
振り込み詐欺なんじゃない?
母はまたしても気が付かなかったそうだ。

もう一つ、一年ほど前。
「高橋○○さん(実家の父の名前を言って)のお宅ですか?税金の還付があります。
 オレンジの封筒が届いていると思いますが。」
祖母「いやあ、オレンジの封筒?覚えがないんですけど。」
「それなら銀行で簡単に受け取ることができますよ。」
と言われて細かくいろいろ指示してくれたそうだ。

電話中、母は全く疑わずに真剣にきいたそうです。

最後に言われている内容がはっきりとわからなかったので念のため
母「20年前に死んだ夫でももらえるんですか。」ときいたら
そのままガチャン!

電話を切って、しばらくして
"ああ、今のがもしかして振り込め詐欺?"と気が付いたそうだ。
父が生きていたら振り込んでいたかも・・・



数年前、夫の実家(おじいさん)からも電話があった。

祖父「今、恵理か友理かが財布を落として困ってないか。」
  私「ええ!? 別に落としてないと思うけど、どうかしたの?」
祖父「今女の子から電話があってな、
    『おじいちゃん財布落として困ってるからお金送ってくれる~』と言うから
    “よっしゃ!、すぐ送ってやろう”と思って電話を切ったけど
     どの孫からの電話かわからんでのう。」(笑)
  私「おじいちゃん、うちの子たちはお財布なくしても
    京都のおじいちゃんのところには電話しないよ。」
祖父「そりゃそやな。それなら○○(従姉妹)かのう・・・ 」
  私「うう~~ん、○○ちゃんも財布なくしておじいちゃんとこに電話しないと思うけど・・・
    それ、間違い電話じゃないかしら。」
祖父「ああ、そうか、そやなあ。間違い電話か。
    あの女の子、わしのとこに電話間違えてかけてきたんか、かわいそうに。」

帰ってきた夫に事の顛末を話すと
「それ、最近はやりだした年寄りを狙った振り込め詐欺ちゃうか」

えええ~~!!振り込め詐欺??(数年前でまだ今ほどヒットしてなかったので驚いた)

私もてっきり間違い電話だと思ってた。

今書くと笑い話みたいだけどその時はみんな信じきっている。

実際母のご近所さんの奥様200万円振り込んでしまったそうで戻ってきていません。

お年寄り家族、人事ではないですよ~
[PR]
by studioacanthus | 2008-12-12 22:14 | 日常

キリストおじさん

しばらく体調思わしくなくレッスンも休みがちでしたが
少し戻ってきました。まだ本調子ではありませんが・・・

もう、20年ほど前のことですが忘れられないことがあります。

私の家のすぐ近くに「キリストおじさん」と呼ばれている方が住んでいました。
たしかプロテスタントを布教している方です。

もう一人、別に離れたところに「キリストおばさん」という方もいらっしゃいました。
こちらは私自身面識がないので何ともいえませんが
飴をもらい紙芝居を見せてくれるおばさんでした。


近くに住む「キリストおじさん」がある日通りがかりに私に日曜集会に出席しろ
と言い出しました。

「渡辺さん、集会に来ませんか。聖書読んだことありますか。」

「はい、新約も旧約も一通り学生のとき読んだんですけど・・・」
私はお断りの言葉のつもりで言ったのだが、
彼は私の思惑とは逆に受け取られてしまった。

「なら、私の説教をぜひ聞きに来て下さいよ。」

うわあああ、、まずーーー

きちんとお断りをしなかった私が悪いのだが、ご近所だし、そう無下にはお断りできない。


「今まだ子供が乳飲み子だし忙しくてなかなか暇ないんです。暇ができたら行きますよ。」

そしたら、すかさずキリストおじさん、

「あなたね、そんな暇ができたらなんて暢気に言ってられないですよ。
明日にもあなたは死ぬかもしれないんですよ!」

びっくりした。その言葉に私の心はたしかに固まった。
20年経った今でもその響きが脳裏に焼きついています。

そうそう言えることではない、すごいこと、言ってくれる人がいるもんだなあ。
脅迫ととる人がいるかもしれないけど、彼に対して私はそうは感じなかった。
彼の温かい言葉に感謝しました。。
1日1日を大切にしなきゃいけないんだなあ。


ご近所の子供を持つお母さん方はみんな揃ってこの「キリストおじさん」と「キリストおばさん」
には近づかないように言っていました。
でも私は、自分が断った代わりというとおかしいけど子供たちには集会に行かせました。
「あなた、明日にでも死ぬかもしれませんよ。」が気に入ったので。


娘たちは数人集まる日曜集会にたまに行ってヤクルトもらって飲みながら
お話を聞いていました。
土曜、日曜にはおはなしを聞き、ア・カペッラで賛美歌らしき物を歌っていました。
友理が少しのキリスト教の知識があるのはその「キリストおじさん」のおかげです。
[PR]
by studioacanthus | 2008-11-12 23:33 | 日常

毎日が暑い、熱い!!

暑い中、京都に行って参りました。
京都は夫の実家がある所で、連休中、私は京都の審査もあったので
今回は夫婦仲良く??車で暑中見舞いも兼ねて二人で行ってきました。
行き途中、名神高速道路で事故渋滞に巻き込まれ
京都に着いたのは夜10時過ぎ。
反対車線の事故なのに渋滞11キロの有様でした。
ちょうどその現場を見たのですが大型トレーラーかトラック2台、
自家用車はもう折り紙のようにぺちゃんこになっていて焦げていました。
かなりひどかった。。。
クレーンで持ち上げようとしている最中で
映画に出てくるシーンのようで怖かったです。
死亡事故になっていなければいいのにねぇと言って通り過ぎましたが。。

車の交通事故件数は飛行機事故の何倍もあります。
運転を日常的にしているだけに注意力をほとんど感じませんが
あれを見ると運転中は気持ちを引き締めねばと思います。

京都での審査は結果的に私の採点基準は(EF級)厳しかったようです。
もう将来をそろそろ決める年頃の級なので余り世間では知られてはいないような
演奏上の重要事項、禁止条項を書かせていただきました。
特にバロックと古典、ショパンのエチュードは基本の基本。
表面的な曲想をつける前にすべきこと、あるいはしてはいけないこと、
1枚の紙にはとても書けませんが、できるだけヒントは書きました。
手を抜かず大切な勉強をして欲しいです。

昨日は暦の上で大暑だったそうで京都の方が東京よりずっと暑く感じました。
帰りはとにかく早く帰って休みたかったので、
トラックに突き飛ばされるのはごめん、と夫と言いながら
すっ飛んで覆面パトカーに捕まらないかひやひや、命からがら帰ってきました。
猛スピードだったからか、怪しい車と思われたか、
追い越し車線では次々前の車が車線を譲ってくれ、すいすい帰って来れました。
いや、待てよ。うちの車が覆面パトカーと勘違いされて
皆さんがおとなしく道を譲ってくれたのかもしれない。
[PR]
by studioacanthus | 2008-07-23 22:15 | 日常

もうすぐ・・・

我が家は来週になると家族4人が10ヶ月ぶりに揃います。
それぞれに嬉しいらしく
長女は
「来週はうるさいのが帰ってくるね。」と毎日言いながらも喜んでいるようです。

帰国の日、私が留守にしているので
夫 「会社休んで成田まで迎えに行ってやろか。」
女族 「ガソリン高いので一人で帰って来させればいいわ。過保護すぎるわ。」

誰かが駅前のマクドナルド辺りで待ちあわせをするか、
あるいは鍵を持って駅まで迎えに行くか、ちょっとしたことでもめました^^;
結局
「余っている代休が6月中に使わないと消滅するので半日休もう。」
で落ち着きました。
やっぱり去年の9月以来みんな会っていないので楽しみなんです^^

私は、今まで以上に
日本食に力を入れて食べさせたいと思っています。(思うだけで終わらないように。^^;)
イタリアで同じ物ばかり食べていたみたいなので
外食でなく手作り和食を作って食べさせよう!
友理の好きなお寿司、お好み焼き、おうどん、ステーキ、かに、エビ、
書き出すとたくさんだわ^^
嫌いな物がうちの家族にはないので何を作ってもみんなバクバク食べます。

見かけによらず少食なのが、一番背の高いお父さん^^;

一番大食が最年少の友理。。

おいしい物たくさん作ろうと今からメニューを思案中です!

中身の無い、目線の低いブログで失礼m(__)m
[PR]
by studioacanthus | 2008-06-25 21:50 | 日常

旅立ちの3月

3月は旅立ちの時でもありますね。

満開の桜も観たいけど、花粉が恐ろしくて外にはできるだけ出ないようにしています。
先日車の中から瞬間の桜を観ました。
とても桜は美しいですが、なぜか、はかない気持ちになります。

友理は今、コーラスのツアーでフランスに行っていますが、
スケジュール表も送ってきているので時々、
時間を見はからって生存の確認をしています。
のどが痛いそうで、どうやら集団で風邪を引いているらしいです。
長いバス移動でみんな疲れたんでしょう、”風邪引き合唱団”なんて聞いたことないです。

きのう、しみじみと夫が
「お母さん、友理は一人で見知らぬ土地へ行って、
今も日本人一人でよう旅行できるなあ。
お父さんならできないけど、誰に似たんやろ?」
「私だってできないわ、恐ろしくて。 誰に似たんやろうね。」
20年前、夜中の2時に生まれてから、あっという間に育ち、今年は成人。
喘息以外、手間のかからない子だったので育てるのは楽でした。

『親はなくとも子は育つ。』
本当はそうなんでしょう。
親の欲を子供に押し付けるとお互いに苦しくなりますからね。
でも、塾やお教室にまかせっきりで親の子育て放棄もいけませんね。

成人式の貸衣装のDMがたくさん届いていますが居ないので全部捨てています。
せめて、いつかは着物姿の写真を撮っておきたいです。
[PR]
by studioacanthus | 2008-03-29 20:57 | 日常

受験シーズン

ただいま調律中。。
ここ最近、お掃除、お掃除とわめきながらも、ちっともすすまない大掃除。
うるさかったのか、お掃除上手な夫が手伝ってくれてます!(^^)!

さてさて、2月と言えば受験シーズンですね。
うちの子供たちにも塾からの勧誘の電話がたびたびありました。
今でも塾や家庭教師からの勧誘電話はあるのでしょうか。
うちは、最近、不動産と成人式の貸衣装と墓地の勧誘電話です。

『墓地はすでにありますっ!』
病人がいたらどうすんのよ!
これはすぐに切ります。


昔なつかしい、家庭教師の勧誘。
私は時間のあるときは勧誘の電話をすぐに切らない時もありました。

『友理ちゃんのお母さんっすか。僕は○○大学の家庭教師サークルのものですが・・・
なんたらかんたら・・・』
全く見ず知らずの人間なのにいかにも親しげに話してくる。

『間に合ってます。』なんか変な答えだけど、ついこうしゃべってしまう。

『へぇ~~今は大丈夫かもしんないけど、どんどん勉強は難しくなり
今落ちこぼれるとあとで後悔しますよ、お母さん』

まるで商人のしゃべり方。あとで後悔? 国語が間違ってない?
親の不安をあおろうとする余計なお世話だわ!!

『別に後悔しませんよ、よくできる子だし、子供の人生ですから。』
吹っかける私も悪いが。

『へぇ~~それはすごいっすね。でもみんな塾に行きだすと相対的に落ちますよ。
お母さん、わかりますか。手遅れにならないうちに手を打っておくべきっすよ。』

御主、しぶといぞ。
君はもう充分、世の中、渡っていけるだけの営業能力はあるようだ。

”あなた、大学なんかやめちゃってすぐ働きなさいよ”



次、女性バージョン
『もしもしー、私、○大学に行っているー○○なんですけどー』
現代っ子特有の、地声で何のしまりも感じられない声で勧誘の電話をかけてくる。
そんな話し方で社会で通じると思ったら大間違いよ!
また私は同じせりふを言うことになる。

『間に合ってます。』

『でもねー、勉強ってむずかしくなっちゃうからー・・・・
  私もだんだんできなくなってきてー・・・』
???
あなたには、マニュアルが必要みたいね。
家庭教師している暇があったら自分の勉強をしたほうがいいんじゃない。。

”そんなにできないあなたに教わるものないわ”

これから受験期を迎えるご家庭、
迷惑電話と思わずに楽しくかわす会話術を身につけましょう。
[PR]
by studioacanthus | 2008-02-09 14:39 | 日常

年末の冷や汗

今日、駅前スーパーで食料品を買ってお店を出て50メートルほど歩いたときのこと、
あれ?大きなスーパーの袋を両手に持っているだけでバッグがない!
今まで『なくし物をしたことがない』と母や家族に豪語していただけに・・・どうしよ・・・!
あせった!しまった!どころではない。顔から血の気が引いたのを感じた。

なにぶんその中には今日に限って大金をお財布の中に入れてあったし
免許証、キャッシュカード類、保険証、重要な物すべてが入っているバックなのだ。

パニクッた。どうしよう!!!

あわててスーパーに駆け戻り、思い当たるところに行ってみたがない!
買い物客もとても多い。年末の事故、盗難は多いと世間で言っているが
まさか自分が置き忘れるとは。。
サービスカウンターに行っても届いていないと言われ・・・最悪・・・
もう頭の中は何をどうしたらよいのかわからなくなってきていた。

カウンターの方は親切に
『キャッシュカードなどの重要物は入れてますか。』
『はい、いっぱい。全財産。。。』
『あらあ、大変です。まずキャッシュカードを止めますから銀行はどこでしょうか。』
『どこの銀行カードを財布に入れていたかわかんない。。。何のカードだったっけ。』
『出てくればいいですね・・・・・・』
『せめて現金だけ盗んで置いていってくれないでしょうかね。』
などと都合のいいことを考えて気を紛らわせていたら・・・

店内放送が流れた。
『わたなべみえさま、至急、店内の係員にお名前をお申し付けください。』

あっ!もしかして??出てきたんだ!



ふう~~バッグとご対面。
お店の人もとても慌てておられた。
『店の者が見つけたんですよ。良かったですね。失礼ですがバックと財布の中を拝見して
私も卒倒しそうになりましたよ。』

いかに私が普段、無防備でうろついているかがわかった。
最小限の物で出歩くべきだ。

ちなみに一番危ないのはキャッシュカードだそうです。
カードを悪に染まった人に盗られると機械で暗証番号を簡単に読み取られるんだそうです。

ほんとによかった。
でもあんな財布を私が拾ったらバチが当たりそうで怖くて届けるだろうな。
年末にお灸をすえられました。^^;
皆様もどうぞお気をつけください。
[PR]
by studioacanthus | 2007-12-18 22:50 | 日常