空から何かが・・・

空から何が降ってくるか分からない、物騒な世の中になりましたね。
マスコミでミサイルと昨日まで言っていたのが、
いつの間にか、『飛翔体』という言葉にすり代えられていました。
よその国の人間を拉致するような国が
人工衛星をまともに上げる訳がないと思うのですが。

一方、自衛隊はここぞとばかりに張り切る一大イベント。
放っておけば海に落ちるであろうミサイルをわざわざ打ち落とすと言う。
もし、打ち落としてかけらが落ちてくるほうがよっぽど危ないじゃないですか。
5cmのかけらでも落ちてくると死んでしまいます。
動いていない物を追撃するのも難しいでしょうに、
超高速スピードで飛んでいる飛翔体を追撃する、
とまじめな顔して語る総理。
まあ、まずは当たらんでしょうが・・・

確かにお金持ち日本は高価な最新鋭の機器を配置していますが
平和ボケしている私たち日本人が
それを使いこなせるのかと思ったら発射誤報・・・
ここにおいては失敗は許せないことなのに

まるで茶番劇です。

飛翔体通過県の方はさぞ不安だったでしょう。
しかし、あんまりここで大騒ぎをしていると、
また第2弾を飛ばすのではないかと
心配性の私は心配です。
[PR]
by studioacanthus | 2009-04-05 22:15 | 美恵
<< 人類存続のためには やっとテストが終わりました☆ >>