お正月の川柳

お正月はいかがお過ごしだったでしょうか。
東京は抜けるような晴天に恵まれよかったですね。

うちでは人生ゲームを祖母も交えてやりました。
何十年ぶりかのゲームにはまり、久しぶりに大笑いしました。
ゲームの中で
私は教師・校長になり邸宅やら株券などで最後に大金持ちになりましたが
夫は早くに結婚し、子だくさん、サラリーマンで
約束手形を大量に持ってしまい、
最後には子供のおかげで返済するという身につまされるような結果でした。
現実にならなければ良いが・・・アハハハハ!

ところで去年の暮れに書いた「川柳」好評でしたので
またしつこく探しました。
お正月の初笑いにはちょっと出遅れましたが
なにか響くものがあるでしょうか。

ドットコム どこが混むのと 聞く上司

恋仇 譲れば良かった 今の妻

デジカメの エサはなんだと 孫に聞く

まだ寝てる 帰ってみれば もう寝てる

国民に しわ寄せよりも 幸せを

続柄 あわてて「妻」を 「毒」と書き

部分痩せ したい所が 大部分

    ~日本経済新聞 サラリーマン川柳より~


女三人で爆笑していると
「川柳は自分で作らないと意味が無い」と夫がぶちぶち言いますので
湯船に浸かって考えましたよ。

脳年齢 三十若くて いと うれし

夫よ、どうだ!

実は正月にヤフーの脳年齢ゲームをしたところ
20歳後半とかの結果が出てきました。
何で私が娘と同じくらい幼い年齢なの!もっと高い数字が出てもいいのに!
と思ってどんどんやればやるほど20歳前半と幼くなる!なんで?
生徒に言ったら
「先生、それは年齢が低い方がいいんですよ。」
「え!?そうだ、そうだ^^;私、若いんだ^^アハ」

この思考が20歳の脳年齢だろうか???怪しいゲームだわ・・・

因みにこの自作川柳

脳年齢 三十若くて いと うれし

を夫に言ったら
「それは川柳とは言わんぞ!」

「じゃあ、なんなのよ」

「それはなー自画自賛って言うもんや!」
[PR]
by studioacanthus | 2009-01-08 23:17 | 日常
<< 中学卒業制作 大吉のおみくじを引いて >>